ゼレンスキー・ウクライナ大統領がカナダ議会で演説、飛行禁止や対ロ制裁強化を訴え

(カナダ、ウクライナ、ロシア)

米州課

2022年03月16日

ウクライナのボロディミル・ゼレンスキー大統領は3月15日、カナダ連邦議会でオンライン演説外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますを行い、「われわれがどう生きたいか、どう勝ちたいのか感じてほしい。空域を閉鎖してほしい、砲撃を止めてほしいと言う時の気持ちを感じてほしい。あと何発ミサイルがわれわれの都市に落ちなければならないのか」と述べ、ロシアによる空爆を阻止するため、ウクライナ上空に飛行禁止区域を設定するよう、カナダを含む西側諸国に求めた。

ゼレンスキー大統領は演説冒頭、ロシアが全面侵攻してきた20日間の心境について「午前4時に爆発音が聞こえ、子供たちがそれを聞くことを想像してほしい。ロシアによって破壊されたことを子供たちに説明する言葉を探していると想像してほしい」と語りかけ、「毎日、死者に関する報告を聞くことを想像してほしい。死者数は増え続けている。今朝の時点で97人の子供が殺された」と述べた。

また、ゼレンスキー大統領は、カナダはこれまでも、そしてこれからも信頼できるパートナーとし、「カナダはわれわれが切実に必要としている武器やその他の支援を与えてくれている。カナダはロシアに実質的な制裁を科している。しかし、残念ながら戦争は続いている。ロシア軍はわれわれの領土から撤退していない」と述べ、対ロシア制裁のさらなる強化を訴えた。

カナダのジャスティン・トルドー首相は「あなたは民主主義のチャンピオンだと思っている」「あなたの勇気とウクライナ国民の勇気はわれわれを鼓舞する。あなたはウクライナ人が自らの未来を選択する権利を守っており、全ての民主主義国家の柱を形成する価値を守っている」と賛辞を送った(CBCニュース3月15日)。

ゼレンスキー大統領の演説に先立ち、カナダのメラニー・ジョリー外相は15日、「特別経済措置(ロシア)規則」に基づく新たな制裁として、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領を支持した15人のロシア政府関係者に制裁を科すと発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。ジョリー外相は「カナダはウクライナとその国民への支援を緩めない。ロシアの指導者が軌道修正しない場合、カナダはさらなる行動を起こすことをためらわない」と述べた。

(大塚真子)

(カナダ、ウクライナ、ロシア)

ビジネス短信 5e357c8bb07e4f4f

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp