韓国、ロシア国内のウクライナ国境地域に対する渡航警報を追加発令

(韓国、ウクライナ、ロシア)

ソウル発

2022年02月25日

韓国外交部は2月24日、ロシア国内のウクライナ国境地域に対する渡航警報(第3段階、出国勧告)を発令した。今回の措置により、ロストフ、ベルゴロド、ボロネジ、クルスク、ブリャンスクが対象(注)となり、同地域に滞在している韓国国民に対する安全な地域への移動、また、渡航を予定している韓国国民に対する渡航の中止または延期を勧告した。

同部によると、2月24日時点でロシア国内のウクライナ国境地域に滞在している韓国国民は11人。

(注)チェチェン、ダゲスタン、北オセチア・アラニヤ、カバルダ・バルカル、イングシェチア、カラチャイ・チェルケス、アディゲは既に渡航警報第3段階(出国勧告)、その他の地域は特別渡航注意報を適用中。ウクライナ全地域に対しては2月13日付で渡航警報第4段階(渡航禁止)を発令済(2022年2月14日記事参照)。

(当間正明)

(韓国、ウクライナ、ロシア)

ビジネス短信 90a0647ed4eaac1f

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp