英政府が5G普及へ計画を発表、2G・3Gを2033年までに段階的廃止へ

(英国)

ロンドン発

2021年12月15日

英国政府は12月8日、国内の第2世代(2G)と第3世代(3G)の移動通信システムについて、2033年までに段階的に廃止すると発表した(政府プレスリリース外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)。通信事業者のサプライチェーンの安全性を強化し、より高速なモバイルネットワークへの円滑な移行を支援する施策の一環としている。

同施策は、英国での第5世代移動通信システム(5G)のさらなる普及につなげる狙いがある。2G・3Gサービスを終了することで、同サービスの周波数帯を5Gに割り当てることが可能になるほか、消費電力削減や2G・3G機種の廃止によるコストメリットを享受できるとしている。加えて、新規サプライヤーによる5G市場への参入の活性化にも寄与するとしている。段階的廃止の日程に関して、政府は国内の移動体通信事業者(ボーダフォン、EE、バージン・メディアO2、スリーUK)との間で合意したことも明らかにした。

英国政府は併せて、通信ネットワークの安全性強化に向けて5,000万ポンド(約75億円、1ポンド=約150円)超を拠出することを発表した。2030年までに国内のモバイルネットワーク通信の35%を通信事業者の機器の相互運用を可能にする技術「オープン・ラン(Open RAN)」経由にする目標に向け、イングランドやスコットランド、ウェールズで実施される15の試験運用プロジェクトに3,600万ポンド拠出するほか、6月に開設された次世代通信技術のプロトタイプ試験施設「スマートRANオープンネットワーク相互運用性センター(SONICラボ)」(2021年7月8日記事参照)に1,500万ポンド拠出する計画だ。

英国は2020年11月、中国の通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)を含む高リスクベンダーの製品を排除するためのロードマップ外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますを発表。併せて発表した総額2億5,000万ポンドの拠出を計画する「5Gサプライチェーン多様化戦略外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます」の中で、一部の大手通信機器事業者への依存を避け、潜在的な新規事業者の市場参入を促進したい考えを示していた(2020年12月7日記事参照)。これらを踏まえた2021年通信(安全保障)法外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますは2021年11月17日に成立している。

(尾崎翔太)

(英国)

ビジネス短信 88a32a3a34967781

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp