外国人観光客向けの新型コロナワクチンのブースター接種、12月1日から開始

(ウルグアイ)

ブエノスアイレス発

2021年12月07日

ウルグアイ政府は12月1日、同国に入国する非居住者外国人を対象に、新型コロナワクチンの3回目接種(ブースター接種)を開始した。

大統領府のアルバロ・デルガド長官は11月26日、観光目的でウルグアイを訪れ、3回目接種を必要とする18歳以上の外国人、または3回目接種ができない国から訪れた18歳未満の外国人のために、米国ファイザー製ワクチン約20万回接種分を準備していると説明した。タバレ・ビエラ観光相は「観光インフラや多様なサービス、衛生面での安全性を強化している。ブースター接種はウルグアイを訪れる観光客へのサービスの一環」だと付け加えた。

公共保健省ウェブサイトによると、外国人観光客がブースター接種を受けるための手順外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますは以下のとおり。

  1. 入国のための宣誓供述外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますを提出する。
  2. 入国48時間後に、オンライン外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますまたは電話でワクチン接種予約を行う。
  3. ワクチン接種予約から72時間後に、予約の承認をメールまたはショートメールで受け取る。予約状況によって異なるが、接種日は予約から約48時間後に確定する。
  4. 接種条件は、18歳以上で最後のワクチン接種から180日間が経過していること、または新型コロナウイルスに感染してから30日以上経過していること。12歳以上、18歳未満の場合はファイザー製ワクチンを2回接種していること。

ウルグアイ国家緊急システム(SINAE)によると、12月5日の1日当たりの新規感染者数は109人で、同日までの累計感染者数は40万925人、累計死者数は6,134人。全国の新型コロナワクチンの2回目接種率は75.11%に達しており、さらに約142万人が既に3回目を接種している。

(山木シルビア)

(ウルグアイ)

ビジネス短信 5f270d4525178905

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp