米内務省、ロードアイランド州沖での洋上風力発電所の建設・運用計画を承認

(米国)

ニューヨーク発

2021年12月02日

米国内務省は11月24日、ロードアイランド州沖での洋上風力発電所の建設・運用計画を承認したと発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。内務省によると、大規模な商業レベルでの洋上風力プロジェクトとしては、11月18日に着工したマサチューセッツ州沖での洋上風力発電所外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます〔年間発電容量800メガワット(MW)〕に続いて、国内2例目になる。

今回のプロジェクトの建設予定地は、ロードアイランド州ブロック島の南東約19マイル(約31キロ)、ニューヨーク州ロングアイランド半島の東約35マイル(約56キロ)付近で、最大12基の風力タービンの導入が予定されている。これらの風力タービン導入による年間発電容量は約130MWと、一般家庭約7万世帯分の電力を賄うのに十分な量で、主にニューヨーク州イーストハンプトンへの電力供給が予定されている。建設会社はサウス・フォーク・ウィンド外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますで、着工は2022年1月を、発電所の運用開始は遅くとも2023年末をそれぞれ予定している。また、内務省によれば、今回のプロジェクトにより340人の新規雇用が見込まれている。

バイデン政権は、洋上風力発電による総発電容量を2030年までに30ギガワット(GW)に拡大するとの目標を掲げており(2021年3月31日記事参照)、10月13日には国内最大7カ所での洋上風力発電開発とリース使用権販売の計画を発表するなど(2021年10月25日記事参照)、その開発を積極的に進めている。内務省によると、2025年までに少なくとも16カ所の国内商業用洋上風力発電所の建設・運用計画を審査予定で、これらの発電所が全て敷設されれば、19GW以上の発電容量が見込まれるとしている。10月25日にはシーメンス・ガメサ(本社:スペイン)が総コスト2億ドル以上を投じてバージニア州での洋上風力タービンの製造施設工場を建設すると発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますするなど、米国外企業による周辺産業への進出も盛んになってきている。バイデン政権の目標30GWと内務省の現時点での見積もり19GWには約10GWの開きがあり、さらなる開発が必要となることから、洋上風力発電産業への投資は今後一層加速することが見込まれる。

(宮野慶太)

(米国)

ビジネス短信 3a7b42d31d1373c2

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp