COP26で連日にわたり開発途上国支援を発表、インフラ開発5原則も採択

(英国、世界)

ロンドン発

2021年11月04日

英国グラスゴーで10月31日から開催されている国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)で、アフリカや中東、東南アジアなどの開発途上国向けに、複数の資金支援が発表された。

南アフリカ共和国の脱炭素化に向けた「公正なエネルギー移行パートナーシップ」が11月2日、南アフリカ共和国、英国、米国、ドイツ、フランス、EUの間で締結外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますされた。第1段階の資金として85億ドルを動員し、同国が石炭火力を廃止し、低排出で気候変動に強い経済への移行を加速することを支援する。今後20年で最大1~1.5ギガトンの排出削減を見込む。

中東、北アフリカ向けには、欧州復興開発銀行(EBRD)が発表した「気候変動対応に関するハイインパクトパートナーシップ(HIPCA)」に対して、英国が5,000万ポンド(約77億5,000万円、1ポンド=約155円)」を拠出することを同2日に発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます。民間資金を動員し、同地域でのエネルギー転換やグリーンなインフラ開発を支援する。

また、翌3日には、東南アジアで、再生可能エネルギー、クリーン交通、都市インフラなどの持続可能なインフラプロジェクト促進のため、英国が新たに1億1,000万ポンドの財政支援を提供すると発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます。今回の支援は、東南アジアのグリーン関連プロジェクトに50億ポンドを動員するというASEAN諸国政府、パートナーによるコミットメントの一部をなす。

インフラ開発を通じて気候変動危機に対応

インフラ開発に関連して、英国のボリス・ジョンソン首相、米国のジョー・バイデン大統領と欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長は2日、インフラ開発を通じて経済成長と気候変動に対応するため、以下の5つの原則を採択外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。

  • インフラは気候変動に対して強く、気候変動の観点から開発するべきだ。
  • 持続可能なインフラ開発を確保するためにはインフラの受け入れ国、先進国による支援、民間部門間の強固で包括的な提携が不可欠。
  • インフラは高い水準に基づいて出資や開発、運営、維持されるべきだ。
  • 2050年までのネットゼロ達成、および世界の平均気温の上昇を産業革命以前と比べ1.5度以内とする目標を引き続き達成可能とするのに必要な数兆ドルの資金動員のため、官民にまたがる気候変動支援資金に関する新たな枠組みが求められる。
  • 気候変動に対応したインフラ開発が経済回復と持続可能な雇用創出に向けて重要な役割を果たすべきだ。

(オステンドルフ・七海・ありさ)

(英国、世界)

ビジネス短信 f14ff9f27032728b

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp