繊維製品のセーフガード関税率を一部改定

(インドネシア)

ジャカルタ発

2021年08月31日

インドネシア政府は、繊維および繊維製品にかかるセーフガード(緊急輸入制限)の関税率を一部改定した。本セーフガードの発動対象は糸製品6品目、布製品107品目およびカーテン製品8品目(計121品目)だが(2020年6月4日記事参照)、7月13日から施行された財務大臣規程2021年第78号PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)により、メートル当たり従量税が課される布製品107品目のうち、8品目の従量税の単位がキログラムに変更された。

また、ASEAN加盟国など、本セーフガードの適用除外となる仕出し地は122カ国・地域だったが、同財務大臣規程により、マレーシアとベトナムからの輸入は適用対象に変更されたので、注意が必要だ。

改定された対象輸入品、適用期間、輸入関税などの詳細は、添付資料表を参照のこと。

(佐々木新平)

(インドネシア)

ビジネス短信 546cc3a133d6b2b1

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp