1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. モロッコ、衛生緊急事態が16度目の延長、入国条件も変更

モロッコ、衛生緊急事態が16度目の延長、入国条件も変更

(モロッコ)

ラバト発

2021年07月09日

モロッコ政府は7月8日の閣議で7月10日まで延長されている「衛生緊急事態」を8月10日までさらに延長すると発表した。2020年3月に最初の衛生緊急事態を発令して以来、16回目の延長となる。感染拡大を防ぐために衛生緊急事態の延長が続いているが、6月15日から国際航空路線の再開など規制を緩和しており(2021年6月10日記事参照)、1日当たり1,000人以下の新規感染者数で推移していたが、7月から増加傾向に転じ1,000人を超える日が生じている。

モロッコ保健省の発表によると7月8日の新型コロナウイルス新規感染者は1,336人、死者数は5人、累計感染者数は53万8,589人、累計死者数9,346人となっている。なお、ワクチン接種については、モロッコの人口が約3,522万人のところ、7月8日時点で1,031万7,807人が1回目の接種を受け、うち921万3,535人が2回目の接種を完了している。

なお、モロッコへの入国条件は、2021年7月6日午後11時59分から以下のとおりとなっている。

リストAの国からの入国に必要な条件、手続き

  • モロッコ政府が定めたワクチン(注1)の接種証明書(接種を完了してから2週間経過していること)、または搭乗時から72時間以内に受けたPCR検査の陰性証明書(11歳未満は不要)。

リストBの国(注2)からの入国に必要な条件、手続き

  • ワクチン接種を完了していない者はモロッコで10日間の隔離に同意する署名済みの誓約書、およびモロッコ当局が指定している施設(ホテル)の支払い済みの予約確認書。
  • モロッコ当局が指定する施設(ホテル)で10日間の隔離を受け、9日目に保健省によるPCR検査を受検すること。
  • リストBの国からの入国であっても、リストAの国に10日以上滞在した場合はリストAの国からの入国と同じ措置が適用され、隔離は不要。
  • なお、リストAおよびリストB対象国・地域は添付資料参照のこと。

    (注1)アストラゼネカ、シノファーム、スプートニク、ファイザー/ビオンテック、ジョンソン・エンド・ジョンソン、コビシールド(インド血清研究所)、モデルナ、シノバックが対象。

    (注2)新たにエジプト、チュニジア、ロシアが追加された。

    (石橋洋一郎)

    (モロッコ)

    ビジネス短信 686a8ed22a1f2227

    ご質問・お問い合わせ

    記事に関するお問い合わせ

    ジェトロ海外調査企画課
    Tel:03-3582-3518
    E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

    ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

    ジェトロ・メンバーズ

    ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

    • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
    • E-mail:jmember@jetro.go.jp