1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. ハノイ市が15日間の社会隔離、新型コロナ感染拡大で各地の規制強化

ハノイ市が15日間の社会隔離、新型コロナ感染拡大で各地の規制強化

(ベトナム)

ハノイ発

2021年07月27日

ベトナム・ハノイ市は7月24日午前6時から15日間、市内全域で首相指示16号(16/ CT-TTg)に沿った厳格な社会隔離措置を開始した。同市の新型コロナウイルス感染者数は南部の省・市と比べると少ないが、国内でデルタ型変異株が急速に広がり、感染源を特定できない症例も報告されているため、感染予防措置を強化する狙いだ。ハノイ市内全域で同措置を適用したのは、前回2020年4月に実施して以来2回目(2020年4月2日記事参照)

ハノイ市の指示(17/CT-UBND)では、食料品や医薬品など生活必需品の購入、診断・治療や予防接種、必要不可欠な勤務、緊急事態を除き、市民に外出しないよう要請した。人と接触する際には距離を2メートル以上確保し、職場や学校、病院以外の公共の場所では2人を超えて集まってはならない。

政府機関や企業などは、機密文書の取り扱いなど必要不可欠な場合を除き、在宅勤務を行う必要がある。店舗運営は、生活に必要な製品やサービスを提供する店舗のみ営業を認める。工場は必要な感染対策を策定し、区や県の人民委員会の承認が得られれば操業が認められる

路線バスやタクシー、契約車両、配車アプリを通じた乗客輸送サービスなども停止となった。物流や労働者の送迎は対象外となるが、省・市をまたぐ移動は混乱をきたしている。ハノイ市が隣接する省との境に検問所を設置しているほか、周辺の省・市もハノイ市との往来に陰性証明書や隔離を要請するなど、物流や従業員の通勤に影響が生じている。

ホーチミン市、ダナン市でも社会隔離

ベトナム国内の市中感染者は7月25日朝時点で累計9万4,913人。直近の7月24日の1日当たりの市中感染者は9,225人で、過去最多を更新した。ホーチミン市を中心に感染者数が右肩上がりで増加している。

ホーチミン市は7月9日から15日間、市内全域で首相指示16号に沿った社会隔離措置を実施してきたが、その期間は8月1日まで延長となった。その他の南部の省・市でも、同様の措置が適用されている。中部のダナン市も、7月22日正午から、生活必需品や医薬品の購入、企業や工場での勤務などを除き、外出を禁止している。

(庄浩充)

(ベトナム)

ビジネス短信 01afc1e8eb2e88d9

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp