1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. J&J製の新型コロナワクチンを緊急承認、国内で5種類目

J&J製の新型コロナワクチンを緊急承認、国内で5種類目

(チリ)

サンティアゴ発

2021年06月11日

チリ公衆保健院(ISP)は6月10日、ヤンセンファーマ(ジョンソン・エンド・ジョンソン子会社)が開発した新型コロナワクチンの国内緊急使用を承認した。国内のワクチン承認は、米国ファイザー製、中国シノバック製、英国アストラゼネカ製、中国カンシノ製に次ぐ5種類目。同ワクチンは、既に米国、英国、欧州、ブラジル、コロンビア、メキシコなどでも承認されている。1度の接種で効力が発揮されるといわれており、対象年齢は18歳以上。ISPの発表によると、ワクチンの国際的な共同購入の枠組み「COVAXファシリティー」経由で、まもなくチリに到着する予定になっている。

6月8日時点の保健省データによると、これまでチリで接種された計1,982万9,017回分のワクチンのうち、1,565万5,369回分(79.0%)がシノバック製、364万1,338回分(18.4%)がファイザー製、36万6,548回分(1.8%)がアストラゼネカ製、16万5,762回分(0.8%)がカンシノ製となっている。人口の43.7%に当たるる866万9,868人が2回目のワクチン接種を完了している。

(岡戸美澪)

(チリ)

ビジネス短信 0f7e97403f894fb0

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp