1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 首都ボゴタ、新型コロナ感染の第3波発生で規制強化

首都ボゴタ、新型コロナ感染の第3波発生で規制強化

(コロンビア)

ボゴタ発

2021年04月27日

コロンビアの首都ボゴタのクラウディア・ロペス市長は4月25日、市内全域を対象に4段階の警戒レベルのうち最も厳しい「赤色警報」を発令し、新型コロナウイルス感染対策に関連する新たな規制を発表した(条例157号)。国内では4月上旬以降、1日当たりの新規感染者数が1万人を超え始め、各地でICU(集中治療室)の占有率が急激に高まっている。25日には1日当たりの死者数が465人と過去最多を記録し、感染の第3波が発生している。ボゴタ市では4月10日以降、午後8時以降の夜間外出禁止や毎週末(金曜、土曜および日曜)の外出禁止などの措置をとってきたが、ICU占有率が90%を超えたことを受け、商業施設の営業を午後7時までとする、酒類販売を平日も禁止する、など新たな内容を盛り込む措置とした。条例で定められた主な規制は次のとおり。

  • 4月26日~5月3日の間、午後8時~翌午前4時の夜間外出禁止
  • 同期間中、必要不可欠なサービスを含む全ての商業施設は午後7時までに閉店
  • 4月30日午前0時~5月3日午前4時の外出禁止(生活に必要不可欠な用事のための外出などは例外)
  • 5月10日午前0時まで、全ての教育機関で対面授業の停止
  • 5月9日午後11時59分まで、身分証番号末尾による商業施設への入店制限を継続
  • 企業は、従業員の70%をリモートワークまたは在宅勤務とする
  • 4月26日午前0時~5月9日午後11時59分の間、酒類の販売禁止(宅配による販売は認められる)

医療従事者や高齢者対象に、445万回分の接種完了

コロンビアの新型コロナワクチン接種は、2月17日にスタートし、4月25日までに計約445万回分の接種が完了している。うち、2回目の接種まで完了した人は約141万人だ。国内に到着しているワクチンは560万回分で、約8割は接種済みとなっている。現在はワクチン接種計画の第2段階で、60~79歳の高齢者を対象に接種を進めている。

(茗荷谷奏)

(コロンビア)

ビジネス短信 ab595f04e4df47de

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp