1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 教育・研究省、6G関連プロジェクトに総額7億ユーロ助成

教育・研究省、6G関連プロジェクトに総額7億ユーロ助成

(ドイツ)

ミュンヘン発

2021年04月20日

ドイツ教育・研究省は4月12日、第6世代移動通信システム(6G)関連プロジェクトに対し、2025年までに総額約7億ユーロを助成すると発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。

同省は、6G技術は2030年ごろをめどに、5Gの後継として導入されるとみており、6Gのデータ伝送速度は5Gの100倍以上になるという。同省は6G技術が人工知能(AI)を利用した現実と仮想世界の接近、生産活動の遠隔運用・操作、遠隔医療などで活用できると見込む。

欧州とドイツが技術的な主権性を保つため、「今6G研究に投資が必要」(アーニヤ・カーリクチェック教育・研究相)としており、今回のプロジェクトでは、6G研究・開発に向けて関係する大学・研究機関、企業などが共同で研究・情報交換できるプラットフォームの構築を目的とする。

プロジェクトは大きく2つに分かれる。「6G研究ハブ(6G-Forschungs-Hubs)」プロジェクトでは、次世代無線通信や光ファイバー網整備を通じた情報通信技術研究に資する大学・研究機関間の協力を促す。分野としては、新素材の活用、アンテナなどのデバイス開発、ネットワークマネジメントのためのモデム・ソフトウエア開発など包括的な分野となっている。一方「6Gプラットフォーム(6G-Plattform)」プロジェクトでは、「6G研究ハブ」と協力した6G標準の研究、他国の6Gプログラムとの協力・調和、規制・標準化に関する課題への対応などに取り組む。

今回の助成は、連邦政府が新型コロナウイルス禍における経済対策として2020年6月に決定した約1,300億ユーロ規模の経済刺激策「未来パッケージ」(2020年6月10日記事参照)の一環。「未来パッケージ」では6G研究に総額6億8,500万ユーロが確保されており、これに教育・研究省の独自予算を追加して助成する予定。

(クラウディア・フェンデル、高塚一)

(ドイツ)

ビジネス短信 5b9b3dd48c0884e2

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp