1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. RCEPの国内批准手続き完了、署名国で初

RCEPの国内批准手続き完了、署名国で初

(シンガポール)

シンガポール発

2021年04月13日

シンガポール貿易産業省は4月9日、地域的な包括的経済連携(RCEP)協定について、国内批准手続きが完了したことを発表した(貿易産業省4月9日PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)付)。同協定について、各国の国内法に従って批准が完了したのは、署名国15カ国の中で、シンガポールが初めてとなった。

チャン・チュンシン貿易産業相は、同協定への批准はシンガポールによる強いコミットメントのあらわれであり、地域における貿易、経済のリンケージ強化を示すものとした。また、ほか署名国による早期批准への期待を示した。

同省によれば、シンガポールは、日本や中国、韓国とのASEAN+1FTA(自由貿易協定)のほか、多くの2国間FTA/EPA(経済連携協定)のネットワークを構築しており、同協定発効はこれらを補完し、貿易投資を拡大するものとした。シンガポール産業界は、関税撤廃や自由で公正な経済ルール構築により、市場アクセスなどの改善が期待できる。政府は、同協定の発効後を見据えて、業界団体や商工会議所などと連携し、RCEPに関するウェビナーなどを既に実施している。

同協定は、ASEAN10カ国のうち6カ国、および非ASEAN5カ国のうち3カ国の批准手続きが完了してから、60日後に発効する。

ASEANサービス貿易協定も批准

なお、同省は、同月5日、ASEANサービス貿易協定(ATISA)を加盟国で初めて批准したことを発表した(貿易産業省4月5日PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)付)。ATISAは、既存の協定である「ASEANサービス枠組み協定(AFAS)」の内容を強化したもので、ASEAN加盟国による初の包括的なサービス分野の協定として2020年10月に署名された。同省は、協定発効により、プロフェッショナル・サービス、通信、金融、コンピュータ、流通・物流サービスなどにおいて、企業マインドで便益や改善につながるとした。

(藤江秀樹)

(シンガポール)

ビジネス短信 3ea949c0ffe6a403

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp