1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 外国人労働者のPCR検査受診の行政命令を勧告に変更

外国人労働者のPCR検査受診の行政命令を勧告に変更

(韓国)

ソウル発

2021年03月23日

ソウル特別市は3月19日、外国人労働者を対象としたPCR検査受診の行政命令(2021年3月18日記事参照)を変更すると発表した。変更前は、外国人労働者を1人以上雇用している事業主と外国人労働者を対象として、PCR検査の受診を義務付けたが、変更後は「新型コロナウイルス感染リスクが高い事業所で1人以上の外国人労働者を雇用している事業主と外国人労働者」を対象に、PCR検査受診の「勧告」とした。

変更前の行政命令に対しては、ソウル特別市人権委員会から、外国人の平等権を侵害しているとして、韓国の憲法第37条第2項に違反した過剰な行政命令だと勧告していた。

変更後の行政命令は以下のとおり。

1.適用地域:ソウル特別市

2.勧告期間:3月17日(水)~3月31日(水)

3.勧告対象:感染リスクが高い事業所で1人以上の外国人労働者を雇用している事業主と外国人労働者(未登録外国人を含む)

4.勧告内容:外国人労働者を1人以上雇用した事業主は、上記の期間、外国人労働者に対してPCR検査を受診するよう勧告。また、感染リスクの高い事業所に雇用された韓国人についてもPCR検査を受けるよう勧告。

5.検査場所:ソウル特別市ホームページ外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますに掲載(英語版あり)

6.検査費:無料

(当間正明)

(韓国)

ビジネス短信 fcf314e09f14341c

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp