1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 新型コロナウイルス感染者が減少傾向、ワクチン接種も開始

新型コロナウイルス感染者が減少傾向、ワクチン接種も開始

(バングラデシュ)

ダッカ発

2021年03月03日

バングラデシュでは年明け以降、新型コロナウイルス感染者数が大幅に減少している。月単位では、1月の感染者数は21,629人、陽性率が5.1%(検査数424,336)、2月はそれぞれ11,077人、2.8%(検査数392,305)となった。12月の感染者数(48,578人)と比較すると、1月は55.5%減、2月は77.2%減と大幅な減少傾向にある。また、1日当たりの平均感染者数は1698人、2395人となっている。

バングラデシュ伝染病研究所(IEDCR)によると、228日時点で感染者総数546,216人、死者総数8,408人、回復者数は496,624人と回復率は90.9%となっている。

27日から新型コロナウイルスのワクチン接種が開始され、バングラデシュ保健省PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)によると、228日までに311525人が接種した。現時点で優先接種対象者は医療従事者や警察・軍関係者、政府関係者、報道関係者などだが、40歳以上の国民への接種も既に始まっている。政府が提供しているワクチンは、英国のオックスフォード大学・アストラゼネカが開発したもので、製造はインドのセラムインスティテュートが担っている。日系企業の現地採用職員の間でもワクチン接種が進んでいる。ある日系企業に勤務するバングラデシュ人スタッフは「予防接種のための政府専用サイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますから、ナショナルID、生年月日、携帯電話番号などを登録すると、後日、接種日と接種会場が携帯電話に通知される。当日、会場で予防接種を受けるまでの流れも非常にスムーズだった。接種後、予防接種カードを渡され、2回目の接種日と会場もその日に通知される」と話していた。

今後、政府は36月の期間に、各月500万人を目標とし、接種の提供を進めていく予定だ。

写真 ワクチン接種の様子(ジェトロ撮影)

ワクチン接種の様子(ジェトロ撮影)

写真 ワクチン接種カード(ジェトロ撮影)

ワクチン接種カード(ジェトロ撮影)

(安藤裕二)

(バングラデシュ)

ビジネス短信 fcc3a5f94ed996b7

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp