1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 在留外国人へのワクチン接種は国ごとに差

在留外国人へのワクチン接種は国ごとに差

(世界、タイ、インドネシア、オーストラリア、インド、中国、英国、フランス、ドイツ、ロシア、米国、カナダ、ブラジル、メキシコ、アラブ首長国連邦、イスラエル、南アフリカ共和国)

海外調査企画課

2021年03月10日

新型コロナワクチンの接種が世界各国で着々と進んでいる。ワクチンの入手状況に応じて接種対象の選定や接種スケジュールに差がある中、邦人を含む在留外国人への接種の扱いについても国ごとによって差が見受けられる。3月5日時点で情報が得られた国における接種状況をまとめた(添付資料表参照)。

アジア・オセアニア地域の主要国について、中国では、一部在留外国人へも無償でのワクチン接種機会が提供されている。実際に、任意でワクチンを接種している日本人の存在が報告されている。ただし、日系企業の大半では、駐在員のワクチンの接種方針は現時点では未定としている場合が多い。タイでは、保健省がワクチン接種に当たって外国人をタイ人と差別しない方針を明らかにしている。ただし、費用負担については正確な情報は発表されていない。オーストラリアでは、ビザ種類にかかわらず、全ての居住者が接種可能だ。一方、インドネシアでは、在留外国人は大使館や非営利国際機関の職員を除き、現時点では公的接種の対象には含まれていないもようだ。インドでは、在留外国人の扱いは同様に正式な発表がされていない。

欧州主要国では、在留外国人も原則、接種対象に含まれている。例えば、フランスではデクレ(政令)により無料であることを明記している。ドイツについては、同国の公的医療保険または私的医療保険に加入している人に加え、住所を有し、日常的に滞在している人にも、国籍を問わず無料でワクチン接種を受ける権利を認めている。英国でも原則、在留外国人も無料での接種が可能だ。ただし、国営医療サービス(NHS)に登録されている、かかりつけ医(GP)に本人が登録していることが要件になる。ロシアでは、駐在員は、民間病院で無料接種(診察費用は有料)が可能となっている。

米州では、米国、カナダ、メキシコではいずれも、接種の優先順位はあるものの、国籍を問わず居住者全員が無料で接種ができることが発表されている。一方、ブラジルでは、現時点で明確な規定はいまだ明らかにされていない。

中東アフリカでは、アラブ首長国連邦(UAE)、イスラエルとも、在留外国人への無料接種が開始されている。南アフリカ共和国では、邦人を含め在留外国人の扱いについて発表されていない。

(秋山士郎)

(世界、タイ、インドネシア、オーストラリア、インド、中国、英国、フランス、ドイツ、ロシア、米国、カナダ、ブラジル、メキシコ、アラブ首長国連邦、イスラエル、南アフリカ共和国)

ビジネス短信 e1312885b7d9df74

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp