1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 高齢者介護事業、保健省のライセンスが必要に

高齢者介護事業、保健省のライセンスが必要に

(タイ)

バンコク発

2021年02月09日

タイ保健省は1月27日から介護事業者へのライセンス発行を開始した。ライセンスは2020年7月20日付「医療機関以外での高齢者介護事業に関する省令外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます」に基づき発行されるもの。省令により、タイで介護事業を行うには、保健省のライセンス発行を受けることが必要となっていた。

保健省はこの省令公布の理由について「タイが高齢化社会に突入したため」としている。将来的に介護サービスを必要とする高齢者の増加が見込まれるため、「高齢者が安全にサービスを受けられるよう介護事業に対して、安全などの基準を設ける必要がある」としている。タイ投資員会(BOI)は1月から高齢者向け病院・介護サービスに対する恩典を新たに付与しており、政府として注力している分野だ(2021年1月28日記事参照)。

省令では、介護事業は「高齢者や扶養家族に対して介護サービスを提供し、健康の促進や回復を図るもの」と定義しており、「訪問介護」と「介護施設」「短期入所(ショートステイ)」の3つに分類されている。これら3事業に携わる場合、事前にライセンスを取得することが求められる。

既にタイで介護事業を行っている事業者は1月27日から7月25日までの間にライセンスの申請・登録を行う必要がある。今後、新規で介護事業を実施する事業者は、事業開始前にライセンスを取得しなければならない。

図 タイ保健省による告知(同省ウェブサイトより、日本語仮訳はジェトロ)

タイ保健省による告知(同省ウェブサイトより、日本語仮訳はジェトロ)

(平林拓朗、ワチャラティタポーン・チャナイペン)

(タイ)

ビジネス短信 366027a99636adee

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp