1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 「調整された警戒レベル3」を継続、陸路国境の一時閉鎖へ

「調整された警戒レベル3」を継続、陸路国境の一時閉鎖へ

(南アフリカ共和国)

ヨハネスブルク発

2021年01月13日

南アフリカ共和国のシリル・ラマポーザ大統領は1月11日、新型コロナウイルス感染対策の進捗に関する国民演説外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますを行った。大統領は冒頭、国内の現在の感染拡大状況は新規感染者、入院者数、死者数いずれにおいても前年の感染拡大第1波よりも高い数字を示しており、「最も厳しい状況にある」と危機的状況に直面していることを強調した。その上で、感染拡大対策のため2020年12月28日の国民演説で発表した「調整された警戒レベル3」(Adjusted Alert Level 3、2021年1月6日記事参照)の継続を内閣が決定したと発表した。

今回の発表で継続、または修正が加えられた制限の主な内容は以下のとおり。

  • 50人以下の葬儀、レストラン、スポーツジム営業などの例外を除き、屋内外での集会の禁止の継続
  • 外出禁止時間を午後9時~翌日午前5時に短縮(これまでは午後9時~翌日午前6時)
  • 店頭での酒類の販売・消費の禁止の継続

上記の「調整された警戒レベル3」は当初、2021年1月15日まで継続すると発表されていたが、ラマポーザ大統領は今回の演説において、「新規感染者数のピークを脱し、感染拡大状況が顕著に減速傾向を示すまで同制限を維持する」と述べ、継続の期限の明示を控えた。

他方で、特に休暇シーズンに周辺国に帰省していた労働者が南アに再入国するに当たり、陸路国境で混雑が生じ感染拡大の危険を招いたとし、物流などを除き、これまで往来を認めていた20の陸路国境全てを2月15日まで一時閉鎖すると述べた。また、陸路国境に限らず、出入国に関しては、在外南ア人やビザを有する外国人の南アへの渡航、南アに滞在する外国人の出国などの例外を除いて、禁止することも発表された。詳細は即日、官報PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)に掲載された。

ラマポーザ大統領は演説の最後に、政府が進める「ワクチン展開戦略」に触れ、2021年の前半に人口の約3分の1に当たる2,000万人分のワクチンの調達を確保したと説明した。はじめに医療従事者から優先的に投与を行い、その後、段階的に、教師や警官、公務員などのエッセンシャルワーカー、そして合併症を持つ60歳以上の成人に投与する計画を示した。

(高橋史)

(南アフリカ共和国)

ビジネス短信 890f9b15f365c2ad

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp