1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. ケニアと英国、EPAに署名、2021年1月に発効予定

ケニアと英国、EPAに署名、2021年1月に発効予定

(ケニア、英国)

ナイロビ発

2020年12月16日

ケニア産業・貿易・企業開発省のベティ・マイナ長官は12月8日、英国との経済連携協定(EPA)に署名したことを発表した(12月9日付ケニア投資庁外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)。ケニアを含む東アフリカ共同体(EAC)とEU間のEPAの枠組みを基本的には引き継ぐ内容で、2021年1月1日発効の予定だ。ケニアは12月31日に英国のEU離脱移行期間が終了する後も、EPAのメリットを享受することが可能になる。主要品目のコーヒーや野菜、切り花など生鮮品を輸出する際、英国での関税が無税になる。ケニアにとって英国は主要な輸出相手国で、2019年は国別で5位(金額ベース、ケニア統計局)だった。

なお、ケニアを除くEAC加盟国(タンザニア、ウガンダ、ルワンダ、ブルンジ、南スーダン)は、英国およびEUとのEPAの署名・批准手続きを行っていない。タンザニアやウガンダなどはWTOから後発開発途上国(LDC)として特別特恵受益国に認められており、これらの国の原産品がWTO加盟国に輸出される場合、相手国との間にEPAや自由貿易協定(FTA)がなくても特別特恵関税が適用され、原則関税は無税になる。

一方で、特別特恵受益国ではないケニアは、自由貿易の枠組みづくりに積極的だ。サブサハラ・アフリカでは初めて、米国とのFTAの交渉も開始した(2020年7月13日記事参照)。

(久保唯香)

(ケニア、英国)

ビジネス短信 c0a7dd1879087f67

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp