1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 衛生緊急事態宣言をフランス全土で再発動

衛生緊急事態宣言をフランス全土で再発動

(フランス)

パリ発

2020年10月16日

新型コロナウイルス感染症の再拡大を向け、衛生緊急事態宣言が10月17日午前0時からフランス全土に発動される。マクロン大統領が10月14日、感染拡大防止の政府対応に関わるテレビ・インタビュー外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますの中で予告したもの。衛生緊急事態宣言は期間を最低4週間とし、これを11月末まで延長できるよう法整備を行う。

具体的には、イル・ド・フランス(パリ首都圏)を含む9つの都市圏(リール、ルーアン、リヨン、サンテティエンヌ、グルノーブル、マルセイユ・エクサンプロバンス、モンペリエ、トゥールーズ)で夜間外出禁止措置を導入する。午後9時から翌午前6時まで外出を禁止し、同時間帯はレストランや劇場、映画館などの集客施設も閉鎖される。午後9時以降の外出は職業上の理由やペットの散歩、病院に行くなど特定の場合にのみ認められ、外出申請書や身分証明書の携帯が義務付けられる。違反者には135ユーロの罰金が科せられる。

地域間の移動制限は導入せず、公共交通機関の運行も通常どおり継続される。一方で、感染の拡大を避けるため、結婚式や学生のパーティーなどを禁止し、公共の場所だけでなく、家族や友人の集まりも6人を上限と定める。

企業にはテレワークの導入を義務付けないものの、企業向け国家衛生プロトコルを改定し、労使協議を通じて週当たりのテレワークの最低実施日数などを決めるよう求め、公務員には可能な限り週2~3日のテレワークを推奨。

他方、夜間外出禁止措置の施行により打撃を受ける企業に対し、以下の追加支援措置外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますを導入する。

  • 同地区における従業員50人未満の企業で売上高の減少幅が50%を超える企業に対し同措置の施行期間中、最大で1,500ユーロの連帯基金支援金を支給する。
  • ホテル、レストラン、観光、イベント産業などの従業員50人未満の企業で、売上高の減少幅が50%を超える企業は(現行の70%から引き下げ)最大1万ユーロの連帯基金支援金を支給する。また、支援金の上限を売上高の60%とする規定を廃止する(2020年10月12日記事参照)。
  • 行政措置により閉鎖を余儀なくされた企業に対し、期間中の社会保険料の事業主負担分を免除する。

(山崎あき)

(フランス)

ビジネス短信 e6f42f79c27f5913

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp