1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 2020年度上半期の自動車生産台数、前年同期比23.4%増

2020年度上半期の自動車生産台数、前年同期比23.4%増

(イラン)

中東アフリカ課

2020年10月12日

イラン産業鉱山貿易省は9月28日、イラン暦1399年第6月(2020年8月22日~9月21日)と、2020年度上半期(イラン暦1399年第1月~第6月:2020年3月20日~9月21日)の国内自動車生産台数を発表PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)した。第6月の生産台数は前年同月比36.4%増の8万6,293台、2020年度上半期の生産台数は前年同期比23.4%増の46万8,699台となった。乗用車に限ると、第6月は 35.0%増の7万7,598台、上半期は21.9%増の42万5,925台だった(添付資料表1参照)。

イランの国内自動車生産台数は、経済制裁が解除された2016年1月以降に伸び、2017年度(イラン暦1396年:2017年3月21日~2018年3月20日)は前年度比13.8%増となったが(2018年5月1日記事参照)、米国による自動車分野の対イラン制裁が再開されたことで、2018年度(イラン暦1397年:2018年3月21日~2019年3月20日)は37.8%減となっていた(2019年5月10日記事参照)。2019年度は、第1月PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)(3月21日~4月20日)に前年同月比47.2%減と大きく減少しており、米国制裁の影響をさらに受けていたとみられるが、第1月以降の統計が未発表となっていた。

乗用車の生産台数をメーカー別にみると、国内2大メーカーのイランホドロとサイパ(グループ会社のパールスホドロを含む)の乗用車の上半期の生産台数は合わせて40万8,574台で、乗用車全体の9割以上を占めた。イランホドロは、第6月は前年同月比約2.15倍の4万7,587台、上半期は前年同期比の49.4%増の23万5,810台となった。一方のサイパは、第6月は14.0%減の2万8,557台、上半期は2.8%減の17万2,764台と落ち込んだ(添付資料表2参照)。

サイパが生産する「プライド」は、2017年度、2018年度に車種別生産台数1位だったが、安全性について政府から勧告を受けていたため、2020年に入り、各モデルの生産を順次終了している。2020年度上半期の車種別生産台数1位は、イランホドロが生産する「プジョー206」(7万789台、前年同期比66.1%増)だった。

(稲山円)

(イラン)

ビジネス短信 b0899b4cfcf23da9

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp