1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. スパコン供給メーカーを選定、開発の加速を目指す

スパコン供給メーカーを選定、開発の加速を目指す

(EU)

ブリュッセル発

2020年10月22日

欧州高性能コンピューティング共同事業(EuroHPC JU)は10月19日と21日に、エクサスケール・スーパーコンピュータの先駆機(注1)のうち、イタリアの設置拠点にはアトス(本社:フランス)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますを、フィンランドの設置拠点にはヒューレット・パッカード・エンタープライズ(本社:米国)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますを、供給メーカーとしてそれぞれ決定したと発表した。

EuroHPC JUとは、EUにおける世界水準のスパコンの開発やデータインフラの展開を加速させるために、EUと加盟国などが共同出資する事業だ。2019年6月には、世界5位以内を目指すエクサスケール・スパコンの先駆機の設置場所となる3拠点と、世界50位以内を目指すペタスケール・コンピュータ(注2)の設置場所となる5拠点を決定(2019年6月10日記事参照)しており、2021年までにこれらのコンピュータの設置を計画し、2023年までにはエクサスケール・スパコンの運用開始を目指す。

また、ペタスケール・コンピュータの供給メーカーとしては、アトスがルクセンブルクとスロベニアの設置拠点に、ヒューレット・パッカード・エンタープライズがチェコの設置拠点に、それぞれ納入することが既に決まっている。

EUは、スパコン重視の姿勢を鮮明に

EUがスパコンの開発を加速させる背景には、米国や中国との技術競争の激化がある。欧州委員会は、欧州経済のデジタル化への移行や、デジタル分野での主権強化を目指し、人工知能(AI)政策やクラウド・データインフラストラクチャー構想など、さまざまなデジタル化政策への予算の増額を予定しており、2020年9月にはスパコン事業に関しても80億ユーロの投資を表明している(2020年9月17日記事参照)。EUは今後、新型コロナウイルスなどの治療法の開発や、気候変動の影響の監視や将来予測を行う事業など、科学、産業、公共分野の800以上のプロジェクトでの、スパコンの利用を見込んでいる。

(注1)現在、トップレベルのスパコンの4~5倍の演算処理能力を持つもので、先駆機は、150ペタフロップス(1秒間に15京回の浮動小数点演算が可能)の演算処理能力を持つ。

(注2)演算処理能力が、ペタフロップス級のコンピュータ。EuroHPC JUが設置するのは、4ペタフロップスを上回るもの。

(吉沼啓介)

(EU)

ビジネス短信 5780b3c702d2f507

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp