1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 地場自動車部品業界が韓国とのFTAに懸念

地場自動車部品業界が韓国とのFTAに懸念

(フィリピン)

マニラ発

2020年10月13日

フィリピン部品メーカー協会(PPMA)のフェルディナンド・ラケルサントス理事長は、9月30日付の地元紙で、フィリピンが韓国との自由貿易協定(FTA)を締結した場合の国内自動車部品産業への悪影響に懸念を表明した。フィリピンは、韓国とASEAN自由貿易協定(AKFTA)を締結しているが、韓国と2国間のFTA締結に向けて交渉を進めており(注)、8月31日付「マニラブレティン」などによると、2020年内の妥結を目指している。こうした状況の中、同理事長は協定発効後に、韓国から輸入される完成車や部品に対する関税が引き下げられることを念頭に、「韓国からの輸入製品に圧迫され、フィリピン自動車産業の生産と雇用に悪影響を及ぼす」と懸念をあらわにしている(「ビジネスワールド」紙9月30日)。PPMAは労働組合「フィリピン・メタルワーカーズ・アライアンス(PMA)」に加盟しているが、PMAは貿易産業省に輸入完成車へのセーフガード適用を要請し、国内産業保護を訴えている(2020年2月21日記事参照)。

2018~2019年のフィリピンの対韓国貿易をみると、フィリピンから韓国へは、組み立て加工製品、バナナなどの1次産品、衣料品などが輸出されている。一方、韓国からフィリピンへは、電気製品、石油製品、化学品、自動車および部品、組み立て加工輸出向け製品が輸入されており、大幅な輸入超過となっている(添付資料表1参照)。韓国から輸入される完成車の関税は、現行、AKFTAにより30%から5%に削減されているが、韓国からの自動車の完成車や部品などの輸入額は減少傾向にあり、2019年のシェアも3.4%にとどまっている(添付資料表2参照)。

フィリピン日本人商工会議所自動車部会によると、2019年のフィリピン自動車市場における国別シェア(台数ベース、見込み)は、日本83%、韓国9%、米国6%、その他2%となっている。なお、現代自動車はインドネシアに完成車工場を建設する予定で(2019年12月12日記事参照)、2019年11月26日付ロイターによると、同社はインドネシア工場でインドネシアと他のASEAN諸国向けの車両を生産することを想定している。

(注)韓国産業通商資源部のウェブサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます によると、フィリピンと韓国は2019年4月にFTA交渉推進に合意して以降、同年6月に第1回となるFTA公式交渉をソウルで開催し、その後、第2回(7月、マニラ)、第3回(8月、釜山)、第4回(9月、セブ)、第5回(2020年1月、マニラ)と交渉を進めてきた。

(石原孝志)

(フィリピン)

ビジネス短信 3b2b534bbf4af1c0

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp