1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 足踏み続くかフィリピン自動車産業の回復

足踏み続くかフィリピン自動車産業の回復

(フィリピン)

マニラ発

2020年09月11日

ASEAN自動車連盟(AAF)が9月3日に発表した、ASEAN主要国の自動車(四輪、二輪)生産・販売実績によると、フィリピンの1~7月の四輪車販売台数は、前年同期比48.7%減の10万5,583台だった(添付資料表参照)。二輪車販売についても、42.2%減(56万4,311台)となった。四輪車販売台数の落ち込みは、AAFが発表している8カ国の中で、シンガポール(53.4%減)、インドネシア(49.9%減)に次いで3番目だった。一方、生産面では、四輪車が32.7%減(3万3,715台)にとどまる一方、二輪車は60.7%減(27万747台)と減少が著しかった。3月中旬から5月中旬までフィリピン全土で実施した、厳格なコミュニティ隔離措置によって、自動車の製造・販売が禁止されていた。そのため、4月には生産・販売がともにほぼゼロになるなど、大きな影響が出ていた。

月別でみると、「新型コロナ禍」で低迷していた生産、販売台数が、5月から月を追うごとに回復してきている。四輪の販売台数は、4月に前年同月比99.5%減の133台だったが、7月には2万542台(35.4%減)となった。しかし、8月にマニラ首都圏と近隣州で制限措置が再び厳格化されたため(2020年8月3日記事参照)、先行きの見通しは不透明だ。

ジェトロが現地の日系企業から聞いたところ、現在、フィリピンの自動車製造業が直面する主な課題として、まず、長期にわたるコミュニティ隔離措置による経済活動の停滞と、消費市場の縮小を挙げる声が出ている。次に、感染対策に伴う経費負担の増大と、現場の作業効率の低下も課題だ。その例として、従業員の通勤用シャトルサービスの独自手配や、通勤中、生産ライン、食堂など、あらゆる局面でのソーシャルディスタンス確保、感染者や濃厚接触者が発生した場合の出勤シフト再調整、などが挙げられる。さらに、外国人の入国制限で現場に必要な人材を欠いているケースなどもある。また、国の規制とは別に、地方自治体が独自に厳格なルールを適用し、現場が混乱する事例も散見される。

(石原孝志)

(フィリピン)

ビジネス短信 d4bfb4b73af5b85c

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp