1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. カルナータカ州政府、段階的ロックダウン(Unlock3.0)ガイドラインを発表

カルナータカ州政府、段階的ロックダウン(Unlock3.0)ガイドラインを発表

(インド)

ベンガルール発

2020年08月14日

カルナータカ州政府は7月30日、中央政府による段階的ロックダウン解除(Unlock 3.0)の通達に基づき(2020年8月6日記事参照)、同州における新たな規制緩和措置を発表PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)した。

今回のガイドラインでは、深刻な感染が発生している封じ込めゾーンのロックダウンを8月31日まで延長、同ゾーンでは生活必需サービスのみが許可される。一方、それ以外の地域については、一部の制限を除き、ほとんどの経済活動を可能とした。ガイドラインの主な内容は以下のとおり。

  • 学校、大学、その他教育機関は8月31日まで引き続き閉鎖(オンラインによる授業を推奨)。
  • 娯楽施設、バー、講堂、集会所などの営業や利用、大規模集会などは全て禁止。なお、ヨガスタジオやジムは8月5日以降営業可能。
  • メトロと国際線航空サービスは引き続き禁止。

なお、ガイドラインに記載されていないが、ジェトロがカルナータカ州政府から独自に入手した情報によると、午後8時~午前5時の夜間外出禁止および毎週日曜日のロックダウンは8月1日以降は解除となっており、これにより工場や民間オフィスの24時間の稼働が可能となった。このほか、製造業と同様、IT関係などを含む民間オフィスで、これまで33%だった出勤可能従業員上限を100%まで許可した。さらに、州内および州間の移動も自由となり、e-パスと呼ばれる移動許可証の事前取得などの手続きも不要となった。ただし、他州からカルナータカ州へ入境する場合は、2週間の自宅隔離が引き続き必須PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)とされる。

カルナータカ州では、今回の規制緩和により平常の生活が取り戻されつつあるが、他州と比較しても新型コロナウイルス感染の急拡大が続いている。8月5日時点の同州の累計感染者数は15万1,449人に上り、7月1日時点と比べ約10倍に急増している。累計感染者数のうち7万3,958人が治療中で、この数はマハーラーシュトラ州、アンドラ・プラデシュ州に次ぎ国内3番目だ(カルナータカ州政府外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)。州政府は、さらなる感染拡大の懸念は残るものの、今後は経済回復に重点を置き、州全体での完全封鎖を再び実施する可能性は低いとしている。

(ディーパック・アナンド)

(インド)

ビジネス短信 fab5e42b90e0409c

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp