1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. ASEAN主要5カ国の輸出、3月は前年同月比4.7%減

ASEAN主要5カ国の輸出、3月は前年同月比4.7%減

(ASEAN、タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール)

アジア大洋州課

2020年07月02日

ジェトロがグローバル・トレード・アトラスの貿易データ(原データは各国通関統計)から計算したところ、2020年3月のASEAN主要5カ国(タイ、インドネシア、マレーシア、シンガポール、フィリピン、以下ASEAN5)の輸出額の合計は、前年同月比4.7%減の897億ドルとなった(添付資料表1参照)。特にフィリピンの輸出が23.2%減(45億ドル)と最も落ち込みが激しく、続いてマレーシアが9.5%減(187億ドル)、シンガポールが5.3%減(309億ドル)だった。一方、タイは3.5%増の216億ドルと増えた。2020年第1四半期(1~3月)でみると、ASEAN5の輸出額の合計は前年同期比1.7%減の2,668億ドルと微減になった。

また、ASEAN5の2020年3月の輸入額は、前年同月比4.1%減の849億ドルだった。輸出と同様、フィリピンが23.3%減(69億ドル)、マレーシアが7.6%減(158億ドル)、シンガポールが4.2%減(285億ドル)の順で減少率が高かった。しかし、タイは6.0%増の203億ドルと拡大した。2020年第1四半期のASEAN5の輸入額は2.8%減の2,560億ドルでやや減少した。

各国で金の輸出が大幅増加

ASEAN5の輸出データを品目(HS番号2桁の分類)ごとに合計すると、2020年3月は貴金属・宝石が前年同月比50.5%増の51億ドルと際立って増加した。貴金属・宝石の輸出はタイで70.4%増、シンガポールで68.1%増、インドネシアで34.8%増と大幅に拡大した。新型コロナウイルスのまん延を受けて、各国からシンガポールや米国、香港、スイスなどに金を送る動きがみられ、有事の対応とみられる。また、油脂も4.4%増の27億ドルと増えたが、その他の主要品目は軒並み減少している(添付資料表2参照)。

同様に、ASEAN5の輸入データを品目ごとに合計すると、2020年3月では一般機械が13.9%減と特に減少率が高かった。同品目が特に減少したのはフィリピン(23.3%減)、マレーシア(7.6%減)、シンガポール(4.2%減)の3カ国だった。フィリピンの一般機械の輸入元の上位4カ国である中国(28.6%減)、日本(26.5%減)、韓国(22.7%減)、米国(27.6%減)は、軒並み2~3割減となった。

ASEAN5の輸出先を国・地域別でみると、ASEAN域内への輸出は3.3%減の240億ドル、ASEAN域内からの輸入は5.4%減の193億ドルだった(添付資料表4、表5参照)。

(北見創)

(ASEAN、タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール)

ビジネス短信 ac71146e831b484f

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp