1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. ネットフリックスなどデジタル事業者へ10%のVAT課税へ

ネットフリックスなどデジタル事業者へ10%のVAT課税へ

(インドネシア)

ジャカルタ発

2020年07月13日

インドネシア財務省・税務総局は7月7日、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)、グーグル、グーグル・アジアパシフィック、グーグル・アイルランド、ネットフリックス・インターナショナル、スポティファイの6社が提供するサービスに対し10%の付加価値税(VAT)を8月1日より徴収すると発表した。

財務大臣規則第48号PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)によると、インドネシアに恒久的施設(PE)を持たない外国企業が、デジタル製品やサービス(注)をインドネシアで販売し、1年間の売り上げが6億ルピア(約444万円、1ルピア=約0.0074円)以上もしくは年間のユーザー数が1万2,000人以上の条件を満たすと、VATの課税対象とみなされる。これに伴い、当該サービスの利用者は8月以降、VAT10%を追加で支払うことになる見込みだ。

税務総局のヘストゥ啓発・サービス・広報課長は「今後、同規則に従いVAT課税対象となる企業は増える見通しだ」と述べた。インドネシアの5月の税収は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、前年同月比約10%減の444兆ルピアに落ち込んでおり、今回の課税により財政悪化を食い止める狙いがあると見られる(「ジャカルタ・ポスト」紙6月30日)。

デジタル課税に関しては、米国通商代表部(USTR)が6月2日、デジタルサービス税を導入または検討中の国・地域に対する調査の開始を公表し、インドネシアも対象となっていた(2020年6月4日記事参照)。これに対し、インドネシアのスリ・ムルヤニ財務相は「USTRが問題視しているのは法人税であり、VAT課税は問題ないと考えている」としている(「ジャカルタ・ポスト」紙6月16日)。

(注)財務大臣規則第48号では、デジタル製品やサービスとはストリーミング映画・音楽、オンラインゲーム、ビデオ電話などが含まれる。

(上野渉)

(インドネシア)

ビジネス短信 6d9ba683369c1fb3

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp