1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. バイエルン州など南部2州、9月から展示会開催が可能に

バイエルン州など南部2州、9月から展示会開催が可能に

(ドイツ)

ミュンヘン発

2020年07月01日

バイエルン州政府は6月23日、新型コロナウイルスの感染者数が増えないことを前提に、9月1日から州内での展示会開催を可能と決定した。フベルト・アイバンガー・バイエルン州経済・開発・エネルギー相はこの決定について、「正常化への第一歩だ」とコメントした。

州政府は展示会開催に当たって、衛生措置の順守を求めていく。州政府は衛生指針PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)を策定、発表しており、(1)ソーシャルディスタンス(1.5メートル)の順守、(2)訪問者の記録および入場制限(注1)、(3)屋内でのマスク着用義務(注2)、(4)出展者によるブース訪問客の記録(注3)、などが求められる。

州の決定を受けて、展示会と会場を運営するメッセ・ミュンヘンは、出展者・訪問者・従業員の健康を最優先とした上で、9月1日以降の展示会開催外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますを判断していく予定だ。具体的には、上記衛生コンセプトを順守の上、「analytica 2020」(分析機器)は2020年10月に、「automatica 2020」(自動化技術)は2020年12月に延期の上開催予定。「electronica」(電子機器)は予定どおり、2020年11月に開催の方向だ。他方、2020年9月に開催予定だった「IFAT 2020」(廃棄物処理)は中止となった。

ドイツ国内の展示会開催は、5月6日に行われたアンゲラ・メルケル首相と州首相の会合で、国内16州が、州の状況などに合わせその開催を決定することで合意している(2020年5月13日記事参照)。

バイエルン州の西に位置するバーデン・ビュルテンベルク州政府も6月23日、感染状況がさらに沈静化し、かつ、一定の衛生ルールの順守を前提に、500人以下の展示会は8月1日から、500人を超える展示会は9月1日から開催可とする方針を発表した。衛生ルールには、入場者情報の掌握、入場者数の制限などが規定される見込みだ。ただし、9月に開催予定だった「AMB2020」(金属加工)は5月に展示会中止となるなど、出展者・訪問者は引き続き、展示会ごとの開催状況を注視していく必要がある。

(注1)訪問者1人当たり、展示会場内で10平米以上の面積が保てるよう入場制限する。

(注2)屋内では距離にかかわらずマスク着用が義務づけられる。感染拡大が低水位で推移する場合、州政府の判断で、ブースでのマスク着用義務が解除される可能性がある。屋外では1.5メートルのソーシャルディスタンスが保持できればマスク着用は不要。

(注3)(注2)で述べた屋内でのマスク着用義務が解除された場合、ブース訪問者の記録をする必要がある。

(高塚一)

(ドイツ)

ビジネス短信 0a79df4acb371a91

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp