外出規制を段階的に解除へ

(サウジアラビア)

リヤド発

2020年05月27日

サウジアラビアでは、ラマダン(断食)期間中(4月24日~5月22日)の特別措置として外出制限を一部緩和させてきたが(2020年4月28日記事参照)、5月23~27日までの5日間は、例外となる業種を除いて全土で24時間の完全ロックダウンが続いており、異例のイード(ラマダン明け)休暇となった。

政府が感染者の早期発見のため連日積極的なPCR検査を実施していることもあり、新規感染者数は1日当たり2,000人規模で推移しているが、他方、内務省は5月26日に、28日以降の段階的な外出規制緩和措置を発表した。マッカを除いては6月21日から外出禁止措置が全面解除される。

主な緩和措置は以下のとおり(見直しの可能性あり)。

(1)5月28日~5月30日〔5月26日付サウジアラビア国営通信(SPA)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

  • マッカを除き、午前6時から午後3時までの外出を許可。
  • 上記時間帯および自家用車に限り州間の移動を許可。
  • 以前より緩和されている小売り、卸売り、モールの営業を許可。
  • ソーシャルディスタンスが保ちにくい美容サロン、フィットネスクラブ、レクレーションセンター、映画館は引き続き閉鎖。

(2)5月31日~6月20日(5月26日付SPA外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

  • マッカを除き、午前6時から午後8時までの外出を許可。
  • マッカ市内を除いて、金曜礼拝を含むモスク内での礼拝を許可。
  • 省庁・各政府機関、民間セクターの在宅勤務を解除。
  • 国内線の運航停止を解除。
  • 州間の移動を完全に許可。
  • (1)で言及のあった業種を除き、外出可能時間帯での経済活動を許可。
  • レストラン、カフェ内でのオーダーを許可。
  • 結婚式、葬式など50人以上の集会は禁止。

(3)6月21日以降(5月26日付SPA外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

  • 引き続き感染拡大予防策を最大限に講じつつ、マッカを除いて外出禁止措置を解除。外出禁止以前と同様の活動を行うことが可能。

(4)マッカについては、5月31日から6月20日まで(1)の内容を継続し、21日以降は(2)の内容を継続。

なお、引き続き国際線の運航は一時停止措置が取られるとともに、聖地への巡礼の一時停止措置も継続となっている。ラマダン期間中の行動規制緩和などもあってか、当初は新規感染者の80%程度を外国人労働者が占めていたが、5月26日時点では45%をサウジアラビア人が占めるなど、感染拡大の様子も変化してきている。

(柴田美穂)

(サウジアラビア)

ビジネス短信 0ecc813d972a00b0

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp