1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 博報堂、インド地場デジタル広告企業を買収

博報堂、インド地場デジタル広告企業を買収

(インド)

ベンガルール発

2020年03月24日

博報堂は3月12日、インドのデジタル広告会社「アドグローバル360(AdGlobal 360)」の買収を発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。博報堂にとってインド国内初の企業買収の案件となる。博報堂はアドグローバル360と4年以上の協業実績があり、インドで拡大するデジタル広告市場での取り組み強化の一環だ。

拡大するインドのデジタル広告市場

電通イージスグループが1月に発表したインドのデジタル広告市場に関するレポート「デジタル・アドバタイジング・イン・インディア2020PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)」によると、インドの2019年のデジタル広告市場規模は約1,370億ルピー(約2,055億円、1ルピー=約1.5円)で、2018年から9.4%成長している。インドの広告市場全体についても、2019年の約6,850億ルピーから、2025年には約1兆3,400億ルピーに、年平均11.8%の成長が見込まれている。現在の広告市場全体のうち大勢を占めるのはテレビ(39%)で、デジタルメディアの割合は20%となっているが、デジタル化は急速に進んでおり、2022年には30%がデジタルメディアになるとの予測もある。特にモバイル広告は、インド国内のデータネットワークの拡大とスマートフォンの普及を背景に、今後も大きな成長が期待できる分野だ。

進むインド企業の買収

博報堂のみならず、日本企業がインド企業を買収する事例も増えている。バンガロールに拠点を持つ電通は過去5年で9社を買収し、デジタル広告でインド市場の首位に浮上している。買収案件の中には、デジタル広告関係のスタートアップも含まれている(2019年6月10日付地域・分析レポート参照)。

インドでは近年、人工知能(AI)やビッグデータ解析を用いたマーケティング・オートメーションに取り組むスタートアップ企業も増加している。デジタル広告分野は、AIやビッグデータを活用した広告の最適化や効率化のソリューションと相性が良く、今後も市場拡大とともに、さらなるスタートアップの参入が見込まれる。

(遠藤壮一郎)

(インド)

ビジネス短信 bb88b88d92d3db27

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp