1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 「ロシア商品フェア」を東京で開催、越境ECを用いてロシア製品の日本市場開拓を図る

「ロシア商品フェア」を東京で開催、越境ECを用いてロシア製品の日本市場開拓を図る

(ロシア、日本)

欧州ロシアCIS課

2020年03月04日

ロシア郵便とロシア輸出センターは2月27、28日、東京駅に隣接するKITTE丸の内で「ロシア商品フェア in TOKYO 2020」を開催した。本フェアは、2016年12月に総務省とロシア通信マスコミ省(現デジタル発展・通信・マスコミ省)が署名した情報通信技術および郵便分野における協力覚書などを背景とした、日ロ郵便協力の一環として実施するもの。ロシア郵便は越境EC(電子商取引)を通じて、日本製品のロシアへの供給・PRに取り組んでいる(2019年12月11日記事参照)が、今回はロシア発日本向け越境ECの取り組みを含む、ロシア製品の日本での市場開拓に向けたプロモーションとマーケティングを目的としたイベント。ナチュラルコスメ、雑貨、アパレル、食品、飲料など扱うロシア企業20社外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますが出展した。

2月27日に開催されたオープニングセレモニーで、在日ロシア連邦通商代表部のピョートル・パブレンコ主席代表は「ロシア郵便は2018年5月からロシア各地の郵便局で日本製品の販売を開始しているが、これに加え、2019年9月の東方経済フォーラムにおいて、ロシア郵便は『株式会社いつも.』と越境EC分野での協力覚書を締結した」と述べた(2019年9月17日記事参照)。さらに、ロシアから日本への輸出産品は石油、天然ガス、石炭など鉱物資源がメインだが、近年は、食品、コスメ、アパレルなど高付加価値製品の輸出が拡大していると指摘し、「近いうちにロシア製品に関するウェブサイトの立ち上げを行い、今回のイベントで展示されている商品を、越境ECを通じて販売していく予定」と述べた。

写真 オープニングセレモニーの様子(ジェトロ撮影)

オープニングセレモニーの様子(ジェトロ撮影)

ロシア郵便のドミトリー・ホルンジィ副社長付アドバイザーは「当社はロシアのEC市場の主要なプレーヤーで、米国EC大手イーベイなどとも協力関係にある。(外国の)パートナーはB2Bを基本とし連携を深めていく方針。日本は重要なマーケットだ。日本のEC関連の大手企業と提携し、ロシア製品の日本での紹介・販売を進めていく」と語った。ロシア輸出センター国際パートナープログラム部門長のアンゲリーナ・モルグン氏は、ロシア輸出センターにとって日本は大事なパートナーで、日本の方々にはロシア製品への関心を持ってほしいと期待を表した。

写真 イベント会場の様子(ジェトロ撮影)

イベント会場の様子(ジェトロ撮影)

(齋藤寛)

(ロシア、日本)

ビジネス短信 8420fff0199bb4f7

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp