1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 2019年の実質GDP成長率は0.9%

2019年の実質GDP成長率は0.9%

(トルコ)

イスタンブール発

2020年03月09日

トルコ統計機構(TUIK)の発表(2月28日)によると、2019年の名目GDPは4兆2,803億8,100万トルコ・リラ(前年比14.9%増、6,994億866万ドル:1ドル=6.12リラ)、1人当たりGDPは5万1,834トルコ・リラだった。

2019年第4四半期(10~12月)の実質GDP成長率は、市場予測を上回る前年同期比6.0%増となり、通年では前年比0.9%増となった。

成長率を支出項目別にみると、GDPの最大項目の家計最終消費支出は第4四半期に前年同期比で6.8%増となり、前期の1.9%増から増勢を強めている(表1参照)。この結果、通年では前年比0.7%増となった。

他方、民間投資を含む総固定資本形成は、第3四半期(7~9月)の12.8%減から改善は見せているものの、第4四半期も0.6%減と6四半期連続のマイナスだった。この結果、通年では前年比12.4%減と落ち込んだ。輸出は第4四半期に4.4%増と減速しつつも堅調だが、リラ安の影響で落ち込みが続いていた輸入が29.3%増と拡大し、リラ安の影響が薄れたことで、外需(ネット輸出)の成長への寄与は縮小している。通年では輸出が前年比6.4%増、輸入が3.6%減となった。

表1 2019年支出項目別実質GDP(2009年連鎖価格)

生産部門別にみると、これまで経済の牽引力となっていた建設が第3四半期の8.3%減からは改善したものの、第4四半期も3.8%減と低迷が続いている(表2参照)。この結果、通年では前年比8.6%減となった。建設以外はおおむねプラス成長となり、特に金融・保険業は第4四半期に24.2%増と好調だった。また、製造業も第3四半期の1.4%増から、第4四半期には6.3%増と改善している。通年でみると、金融・保険業が前年比7.4%増と増加率が高かった。

表2 2019年部門別実質GDPの内訳(2009年連鎖価格)

第4四半期から成長回復基調に

第4四半期の力強い回復によって、2018年8月のトルコショックに端を発した景気低迷の影響は脱したとみられており、2019年通年の実質GDP成長率は前年比0.9%のプラス成長を維持した。2020年第1四半期(1~3月)以降もこの傾向は続くとみられ、フィッチ・レーティングスのように、2020年通年で3.9%の成長を見込み、5%の政府目標の達成も可能とする向きもある。

(中島敏博)

(トルコ)

ビジネス短信 80d9c0cffda74d9e

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp