1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 大票田カリフォルニア州の民主党予備選、予想どおりサンダース候補が勝利

大票田カリフォルニア州の民主党予備選、予想どおりサンダース候補が勝利

(米国)

サンフランシスコ発

2020年03月05日

米国大統領の民主党候補指名争いを14州・1自治領で行う「スーパーチューズデー」が3月3日、カリフォルニア州でも行われた。

一般代議員数(415人)が全米で最も多い同州では、投票前の予想どおりバーニー・サンダース氏が勝利した(表1参照)。

表1 カリフォルニア州の民主党予備選挙結果(3月4日米国西部時間午後5時45分時点)

カリフォルニア州では、ヒスパニック系から支持が厚いサンダース氏の有利が予想されていた。CNNの出口調査によると、予想どおりヒスパニック系の投票者の約5割が同氏に投票した(表2参照)。また、18~29歳、30~44歳の有権者からの支持はそれぞれ61%、57%と圧倒的で、2位のバイデン候補の7%、10%とは対照的な結果となった(表2参照)。

表2 カリフォルニア州の民主党予備選挙属性別結果(出口調査)

同州で得票率3位のマイケル・ブルームバーグ氏は3月4日の朝、指名候補争いからの離脱とバイデン候補支持を表明した。同氏は、大統領選キャンペーンに5億ドル以上の個人資産を投入したにもかかわらず、立候補から100日ほどで退くことになった。

なお、カリフォルニア州は、2016年大統領選時の予備選挙を6月に行ったが、2020年は投票の影響力を強めるため、予備選期間の前半に当たるスーパーチューズデーに日程を変更した。

(田中三保子)

(米国)

ビジネス短信 47c3668377c5e9b6

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp