1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 米バージニア州の民主党予備選、バイデン氏が大勝

米バージニア州の民主党予備選、バイデン氏が大勝

(米国)

ニューヨーク発

2020年03月04日

米国民主党の大統領候補指名争いで一挙に14州・1自治領が予備選挙を行う3月3日のスーパーチューズデーで、4番目に代議員数が多いバージニア州では、ジョー・バイデン前副大統領が最多得票率を獲得した(表1参照)。同州の一般代議員99人のうち、バイデン氏には得票率に応じて66人が割り当てられ、第2位のバーニー・サンダース上院議員(バーモント州)の31人を大きく上回っている(注)。

表1 バージニア州民主党予備選挙結果(米国東部時間3月4日午前0時50分時点)

投票前の予想では、バイデン氏はほかの候補と接戦になるとみられていたが、スーパーチューズデー直前に行われたサウスカロライナ州の予備選で大勝したことで、バージニア州でも勢いを得た(2020年3月2日記事参照)。州都リッチモンドのレバー・ストーニー市長は、サウスカロライナと同様、バージニアでも黒人層の得票が勝利のカギになったと評している(「リッチモンド・タイムズ・ディスパッチ」紙3月3日)。CNN(3月3日)が行った出口調査によると、バイデン氏は黒人票の71%を獲得した(表2参照)。

表2 バージニア州民主党予備選挙属性別結果(3月3日時点)

また、バージニア州選出のティム・ケイン上院議員やテリー・マコーリフ前バージニア州知事といった大物民主党政治家や、スーパーチューズデー直前で大統領候補指名争いから撤退したエイミー・クロブチャー上院議員(ミネソタ州)とピート・ブティジェッジ氏らの支持表明も大きく影響したとみられている。

(注)獲得代議員数は暫定値。

(磯部真一)

(米国)

ビジネス短信 035501b24dc5f1be

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp