中米・カリブ諸国の新型コロナウイルスへの対応案まとめ

(中米、カリブ諸国)

メキシコ発

2020年02月14日

新型コロナウイルスの世界的な拡散により、中米・カリブ諸国も各国の保健省など相当省庁の主導の下、対応策を発表している。なお2月10日現在でメキシコを含む中米・カリブ諸国で感染例は確認されていない。

エルサルバドルでは1月30日から、入国者のパスポートを確認し、中国からの出国者である場合は入国を認めていない(2020年2月3日記事参照)。グアテマラは1月31日、過去15日間に中国への渡航歴がある者の入国を拒否する予定と発表した。ジャマイカも同日から中国出国者の入国を禁止し、過去14日以内に中国に滞在したジャマイカ人を国内で隔離している。トリニダード・トバゴも同日、中国出国者の入国を禁止し、アンティグア・バーブーダも同日から、中国への渡航歴がある者の入国禁止措置を実施している。パナマでは同日から空港での感染スクリーニングチェックを強化しており、2月7日までに中国から帰国したパナマ人60人を隔離している。メキシコでは10人が感染の疑いの状態にあったが、2月3日に全員が陰性と確認された(2020年2月5日記事参照)。コスタリカは2月3日に空港でのサーモグラフィーによる体温チェックを開始し、感染の疑いのある者が現れた場合、同じ便に搭乗していた乗客全員の渡航歴を確認するとした。ベリーズは2月5日から空港での感染スクリーニングチェックの強化と、感染の疑いのある者の隔離措置を発表した。ホンジュラスは感染の疑いがあった中国人3人と米国人1人を隔離していたが、2月5日に全員陰性と確認した。ドミニカ共和国は2月8日、過去14日以内に中国への渡航歴のある17人が入国したが、いずれも検査では陰性で、国内での感染例は確認されていないと発表した。

中国が新型コロナウイルスへの処方薬としてキューバ産製剤を利用

キューバのミゲル・ディアス・カネル大統領は2月6日、自身のツイッターで、中国がキューバ産製剤のインターフェロン・アルファ・B2(IFNrec)を新型コロナウイルスの感染者への処方薬の1つとして選定したことを公表した。

(志賀大祐)

(中米、カリブ諸国)

ビジネス短信 5abbf20d224fe463

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp