1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 世界最大級の国際教育展BETTに日本ブースが初出展

世界最大級の国際教育展BETTに日本ブースが初出展

(英国)

ロンドン発

2020年02月04日

教育とその技術に関する展示会「BETT2020(British Educational Training and Technology Show)」が1月22~25日、英国ロンドンで開催された。1985年から開催されている同展示会(以下、BETT)は今回で36回目。世界100カ国以上から教育機関とIT企業関係者ら3万4,000人以上が来場、800社を超える企業が出展した。教育に関する展示会としては世界最大規模のBETTには、大手IT企業が軒並み出展したほか、IT教育技術(EdTech)分野のスタートアップ企業も100社以上が参加した。

日本企業は、アーテックやカシオ、エルモ、エプソンなどが出展したほか、ジェトロも日本ブースを初出展し、公募で選ばれた10社を紹介した。人工知能(AI)利用学習ソフトを提供するアタマプラス外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます、新しい教育コンテンツなど3種類のサービスを提案したベネッセ外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます、学校教育支援システムを提供するコードタクト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます、次世代の教育課程用教材を提供するエナジード外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます、プログラミングのコンテストを主催するGPリーグ外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます、「考える力」を育むための多数のゲームアプリを運営する花まるラボ外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます、そろばんアプリ「そろタッチ」で指導する学習塾デジカ外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます、運動指導者向け動作解析アプリを提供するスポーティップ外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます、個々に合ったメニューを提供することで自立学習を支援するすららネット外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます、新世代の子供に向けた芸術開発ソフトトイプット外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますだ。

会場では、教育技術の向上を目的とするセミナーやカンファレンスなどが多数開催された。また、教育システムの出展の中には、児童がタブレット機器を使用し、その学習データを教師やAIがチェックや分析をできる仕組みのものが多くみられた。

英国政府はEdTechに力を入れており、2014年にはプログラミング教育「Computing」を5歳から必修科目とし、大学入試科目にも取り入れている。また、教育省や関連団体はファンディング・プログラムを運営し、EdTechセクターの企業や製品の開発を支援している。英語による発信力を背景に発展し続けてきた英国教育産業だが、EdTech分野でも世界をリードしつつある。

日本ブースに出展した参加企業の多くからは、出展や学校視察を通じ「世界各国の業界関係者と触れあうことができて良かった」「教育に実際に携わる教員と接触できた」という評価の声が聞かれた。

写真 日本企業の出展ブース(ジェトロ撮影)

日本企業の出展ブース(ジェトロ撮影)

(岩井晴美)

(英国)

ビジネス短信 27c2db21b2949537

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp