1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 国際収支が5カ月連続黒字、2019年11月は5億4,100万ドル

国際収支が5カ月連続黒字、2019年11月は5億4,100万ドル

(フィリピン)

マニラ発

2020年01月10日

フィリピン中央銀行(BSP)は2019年12月19日、11月の国際収支が5億4,100万ドルの黒字で、5カ月連続の黒字を記録したと発表した。8億4,700万ドルの黒字を記録した前年同月比で黒字幅は36.1%(3億600万ドル)減少したが、前月(1億6,300万ドルの黒字)比で黒字幅は3.3倍(3億7,800万ドル)増加した。

2019年に入ってから、5月(9億2,800万ドルの黒字)、3月(6億2,700万ドルの黒字)に次いで3番目に高い黒字を記録した。BSPは改善の理由について、フィリピン政府の外貨預金やBSPの海外投資配当の増加が反映されたと説明した。

2019年1~11月の国際収支累計は62億7,000万ドルの黒字となり、47億5,000万ドルの赤字を記録した前年同期比で、収支は110億2,000万ドル改善した。

BSPは同期の国際収支累計の改善理由として、フィリピン人海外労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行送金ベース)が2019年1~10月の累計で過去最高の248億5,800万ドル(前年同期比4.6%増)に達したことを挙げた(2020年1月8日記事参照)。また、11月末時点の総外貨準備高(GIR)が国全体の輸入額の7.5カ月分、短期対外債務の5.4倍に相当する862億3,000万ドルと、GIRが十分な流動性を保っている点を反映しているとした。

フィリピンの国際収支は2016年から3年連続で赤字となっており、特に2018年通年は23億600万ドルの赤字と、28億5,800万ドルの赤字を記録した2014年以降最も赤字幅が大きかった。

(坂田和仁)

(フィリピン)

ビジネス短信 7e112cad6fe231a4

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp