1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 消費財見本市アンビエンテのテーマは「エシカルスタイル」、日本デザインもアピール

消費財見本市アンビエンテのテーマは「エシカルスタイル」、日本デザインもアピール

(ドイツ)

ベルリン発

2020年01月28日

ドイツ・フランクフルトで2月7~11日に消費財見本市アンビエンテ(Ambiente)が開催される。アンビエンテは、台所用品やインテリアデザイン、文房具などの消費財分野で世界最大級の見本市だ。2019年には、92カ国4,460社が出展し(うち85%が外国からの出展)、世界の消費財トレンド情報や新製品を求める来場者は167カ国から13万6,081人(うち外国からの来場者は57%)を記録した。

ここ数年間のアンビエンテでのトレンドは、人や社会、地域、地球環境を考慮した商品づくりがコンセプトの「エシカル(倫理的)スタイル」。サステイナビリティ(持続可能性)を重視し、リサイクル可能な材料の使用や廃棄物が少ない製品設計、社会的に公正なプロセスを経たものづくりや取引などに焦点を当てた商品や出展者が増えている。

またアンビエンテでは毎年、ドイツのトレンドスタジオ、スティルビュロー・ボラ・ヘルケ・パルミザーノ(Stilbüro bora.herke.palmisano)が、世界中のデザインやアート、建築、ファッション、ライフスタイルのトレンドを踏まえ、出展製品を選定して、消費財のデザイントレンドのテーマ設定をしている。2020年は、ソフトなボリュームとシャープな輪郭を組み合わせた「シェイプ+ソフトニング」、工業的なデザインにインスパイアされた「精密+建築」、新規性のある素材と生産方法を組み合わせた「芸術的+多様性」をテーマに掲げている。

ジェトロは、ジャパンパビリオン外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます京都パビリオン外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますで出展参加する。ジャパンパビリオンはキッチントレンド(ホール1.1)とテーブルコンテンポラリーデザイン(ホール4.0)に10社が出展、また京都パビリオンはインテリアデザイン(ホール8.0)に6社が出展し、機能美やモダンデザイン、あるいは伝統工芸の技が生きた商品を紹介する。

世界のバイヤーが参集するアンビエンテで、日本デザインのさらなる海外ビジネスの飛躍が期待される。

(ヴェンケ・リンダート、中村容子)

(ドイツ)

ビジネス短信 7d64feb9d356b68d

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp