1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. トヨタ「RAV4」がロシアで好調、高評価のポイントはデザイン

トヨタ「RAV4」がロシアで好調、高評価のポイントはデザイン

(ロシア)

サンクトペテルブルク発

2020年01月27日

トヨタ自動車ロシアは1月13日、同社がロシアで生産・販売するスポーツ用多目的車(SUV)「RAV4」について、2019年12月の月間販売台数が4,964台(前年同月比21%増)に達し、ロシアにおける「RAV4」の月間販売記録を更新したと発表した。ロシアの自動車市場がやや減退する中(2020年1月22日記事参照)、同社が2019年10月から11月にかけてロシアでの生産・販売を開始した新型(第5世代)「RAV4」はユーザーから好評を博している。

写真 式典で披露された第5世代「RAV4」(トヨタ自動車ロシア提供)

式典で披露された第5世代「RAV4」(トヨタ自動車ロシア提供)

同社によると、ロシアの消費者から最も評価されたポイントはデザインだ。トヨタ自動車ロシアの石田雅資エグゼクティブバイスプレジデントはジェトロのインタビューに対し、「ややクロスオーバー(注1)的だった旧型の『RAV4』に対して、新型の『RAV4』はよりSUVらしいデザインとなり、力強いイメージを求める男性ユーザーから好評だ」と語った。なお、同社の購入者向け調査によると、人間工学に基づいた内装や、加速性、遮音性の向上もロシアの消費者から高く評価されたようだ。

第5世代「RAV4」は、TNGA(注2)の採用により、車体の剛性向上や低重心化を果たしたモデル。日本や米国をはじめ、世界の主要マーケットでも第5世代「RAV4」が販売されている。日本では、2019年12月に「日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞している。

トヨタ自動車は「RAV4」のロシアでの販売を2002年から、サンクトペテルブルク工場での生産を2016年からそれぞれ開始している。トヨタ自動車ロシアによると、今回の第5世代「RAV4」へのモデルチェンジのための投資額は、2019年9月時点で48億ルーブル(約86億4,000万円、1ルーブル=約1.8円)に上った。

(注1)日常の利用だけでなくアウトドアも含めた多様なシーンでの利用を想定したSUVに対し、SUVの特徴を併せつつも主に市街地での活用を重視して設計・デザインされたカテゴリー。

(注2)トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(Toyota New Global Architecture)の略称。基本骨格などは複数車種で共用化して開発効率化を図りつつ、同時に基本性能と商品力の向上を図る同社の設計方針。

(一瀬友太)

(ロシア)

ビジネス短信 5559790454ceaa42

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp