1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 駐在員が住みやすい国ランキングで64カ国・地域中27位、東南アジア5カ国では4位

駐在員が住みやすい国ランキングで64カ国・地域中27位、東南アジア5カ国では4位

(フィリピン)

マニラ発

2020年01月07日

ドイツの調査会社インターネーションズが世界64カ国・地域について駐在員の住みやすさをランキング化した調査結果PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)(注)によると、フィリピンは27位、東南アジア5カ国中では4位になった。

駐在員が住みやすい国・地域は1位から10位まで順に、台湾、ベトナム、ポルトガル、メキシコ、スペイン、シンガポール、バーレーン、エクアドル、マレーシア、チェコとなった(表参照)。日本は39位、米国は47位、中国は50位だった。

東南アジア5カ国の順位は、シンガポール(全体6位)、マレーシア(9位)、タイ(25位)、フィリピン(27位)、インドネシア(29位)。

表 駐在員の住みやすさランキング

フィリピンが高く評価された項目は、「友人の探しやすさ」が64カ国・地域中2位、「言語」と「フレンドリーさ」がそれぞれ7位、「個人の幸福度」が10位、「育児費と教育費」と「個人金融」が11位、「居住費用」が12位、「居心地の良さ」と「育児と教育のコスト」が18位だった。

低い評価項目は、「旅行と交通手段」と「デジタルライフ」がそれぞれ60位、「安全と治安」が51位、「健康」と「経済と職業の安定性」がそれぞれ48位だった。

日本がフィリピンよりも低い理由として、「言語」が62位、「友人の探しやすさ」が54位、「居心地の良さ」が53位、「居住費用」が35位、「育児と教育のコスト」が30位といった項目が低く評価された点が挙げられる。

(注)調査期間は2019年3月7~29日。187の国・地域に住む182の国籍者(2万259人)を対象に実施。

(坂田和仁)

(フィリピン)

ビジネス短信 23d27344d2f9e18b

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp