1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 西アフリカ地域、デジタル技術で金融包摂の促進に期待

西アフリカ地域、デジタル技術で金融包摂の促進に期待

(セネガル、アフリカ)

アビジャン発

2019年12月03日

西アフリカ諸国中央銀行(BCEAO)のティエモコ・コネ総裁は11月18日、BCEAOがセネガルの首都ダカールで開催した「金融包摂週間」式典の基調講演で、西アフリカ経済通貨同盟(UEMOA、注)地域では近年、携帯電話の普及とデジタル技術を活用した電子マネーが原動力となり、金融サービスへのアクセス向上が推進されていると話し、同地域の政策課題としての金融包摂の重要性を強調した。情報通信技術(ICT)の活用で金融アクセスを確保する方法が拡大し、金融包摂が進展すれば、経済活動に極めて大きなインパクトを与えるとの期待も示した(Abijan.net11月19日)。

BCEAOが実施した「UEMOA地域における金融包摂の実態」調査によると、フランス語圏アフリカ8カ国が加盟するUEMOA地域では、金融サービスを利用している成人の割合は2018年末時点で57.1%となり、2016年に比べて10ポイント増加した。金融機関に口座を持つ成人の割合に大きな変化はないが、モバイル口座を保有する人の割合は34%に増えている。また、同地域におけるモバイル口座の保有数、取引件数、取引額はそれぞれ、2014年の1,820万口座、3億件、3兆7,600億CFAフラン(約6,768億円、1CFAフラン=約0.18円)から、2018年には6,290万口座、19億件、23兆5,340億CFAフランに大幅に増えた。

技術革新に伴って急速に拡大するデジタル金融だが、関連分野の活動や事業者に対する指導監督の強化、法制度環境の整備、サイバー犯罪・資金洗浄・テロ資金の対策、全ての社会・経済的階層への金融教育の必要性など、取り組むべき課題も多いとしている。同地域では、金融アクセスの向上が貧困削減や格差是正、経済発展のための不可欠な要素との認識が醸成されており、金融包摂の促進に向けた取り組みが注目される。

(注)西アフリカ経済通貨同盟(UEMOA)の加盟国は、コートジボワール、ギニアビサウ、セネガル、トーゴ、ニジェール、ブルキナファソ、ベナン、マリの8カ国。いずれも、西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)にも加盟している。

(渡辺久美子)

(セネガル、アフリカ)

ビジネス短信 0ed553a916dcb6e2

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp