1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 医療情報管理サービス、今後3年間の年平均成長率を9%と予測

医療情報管理サービス、今後3年間の年平均成長率を9%と予測

(フィリピン)

マニラ発

2019年11月28日

医療情報管理のアウトソーシングサービス(注)を提供する企業の業界団体のフィリピン医療情報管理協会(HIMAP)は、2020年から2022年までの3年間の業界の年平均成長率(CAGR)を8.5~9.0%とする予測を発表した。11月20日付の地元各紙が伝えた。

医療情報管理のアウトソーシングサービスはIT-BPM(ビジネス・プロセス・マネジメント)産業の1つに数えられ、フィリピンのIT-BPM業界全体の市場規模の約10%を占める。フィリピンITビジネス・プロセス協会(IBPAP)が11月に発表した2020年から2022年までのIT-BPM産業全体の年平均成長率(CAGR)3.5~7.5%の予測を上回るものとなった。

HIMAPはその理由について、世界経済の減速による悪影響はあるものの、先進国を中心に高齢化が急速に進んでおり、フィリピンの医療情報管理アウトソーシングサービスに対する需要はますます高まるとした。特に、米国はフィリピンの同サービスの最大提供先で、2017年のヘルスケア関連支出はGDPの18%に相当する3兆5,000億ドルに上り、人口1人当たりの支出は世界最大とされる。オバマ政権時に始まったオバマケアと言われる米国でのユニバーサルヘルスケア制度に端を発する医療保険制度改革で、フィリピンは安価な人件費や高い英語力を背景に、保険料の計算業務などの委託先として選ばれている。

医療情報管理のアウトソーシングサービス企業には、フィリピン経済特区庁(PEZA)の認定を受けて各種税制優遇を享受するところも多く、PEZAの発表資料によると、8月現在で26社がPEZAの認定を受け、うち日本企業は2社ある。

(注)医療機関向けIT-BPM業務のことで、医療情報管理システムの運営・保守・生涯対応、保険料の計算・精算、各種資料作成などを請け負うサービス。

(坂田和仁)

(フィリピン)

ビジネス短信 fa8035c4d1dd5691

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp