1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 電動スクーター、歩道での利用を禁止、禁錮刑も

電動スクーター、歩道での利用を禁止、禁錮刑も

(シンガポール)

シンガポール発

2019年11月14日

シンガポール陸運庁(LTA)は11月4日、翌5日から電動スクーター(eスクーター)を全ての歩道で利用禁止にすると発表した。これにより、電動スクーターの利用はサイクリング路のほか、国立公園庁(Nパークス)管轄の公園緑地をつなぐ緑道「パークコネクター」、自転車歩行者専用道のシェアードパースに限られる(注1)。

今回の規制対象は、個人用移動機器(パーソナルモビリティーデバイス、PMDs)のうち、ハンドルと電動モーターを備えたもの(注2)。違反した場合は最高2,000シンガポール・ドル(約16万円、Sドル、1Sドル=約80円)の罰金と、3カ月の禁錮刑が科される可能性がある。規制導入の準備期間として、11月5日から12月31日までは違反者に対し警告処分とし、2020年1月から全面的に罰則を適用する予定だ。LTAは2017年2月にアクティブ・モビリティ―法を国会で可決して以来、電動スクーターを含むPMDsの歩道、サイクリング路、パークコネクター、シェアードパースでの利用を解禁していた。しかし、近年、PMDsによる死亡を含む事故や違反が多発していたことから、安全対策の見直しを行い、歩道での利用禁止に踏み切った。

また、LTAは最近のPMDsの相次ぐ事故を受けて、予定していた電動スクーターのシェアリング・サービスのライセンス付与を停止すると発表した。既存の電動スクーターのライセンス申請を却下するとともに、今後の通知までライセンス募集を行わないとしている。これを受け、配車サービスのグラブ(Grab)は、同社が展開する電動スクーターのシェアリングビジネスを11月5日から段階的に停止していくと発表、11日現在ではサービスを止めている。

フードデリバリーサービスへの影響に懸念

今回の規制に伴い、電動スクーターなどを利用したフードデリバリーサービスへの影響が懸念されている。「ストレーツ・タイムズ」紙(11月4日)によると、シンガポールには約7,000人もの電動スクーターを利用したフードデリバリーサービスの従事者がいるとされ、その半数以上を占めるのがGrabの展開するグラブ・フード(Grab Food)だ。Grabは利用者向けに、配送時間の遅延への理解を求めるメッセージを送っており、配送の遅れやキャンセルなどが想定される。

写真 フードデリバリーに使用される電動スクーター(ジェトロ撮影)

フードデリバリーに使用される電動スクーター(ジェトロ撮影)

(注1)走行可能なサイクリング路はLTA提供のMyTransport.SG外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます、パークコネクターはNパークスのウェブサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますを参照。

(注2)各PMDsの利用可能な場所の詳細はLTAのウェブサイトPDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)を参照。

(南原将志)

(シンガポール)

ビジネス短信 8905f20153a9f076

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp