1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. ソフトバンク・イノベーション・ファンド、ブラジル向け投資を加速

ソフトバンク・イノベーション・ファンド、ブラジル向け投資を加速

(ブラジル)

サンパウロ発

2019年11月18日

ラテンアメリカ・プライベートエクイティ&ベンチャーキャピタル協会(Latin American Private Equity and Venture Capital Association)によれば、中南米におけるベンチャーキャピタル投資は2016年5億ドル、2017年11億ドル、2018年には約20億ドルと2年連続で投資額を倍増している。中でもブラジル向け投資は、2018年が13億ドルと中南米向け投資額の65%を占めている。

この勢いを加速する存在として、「ソフトバンク・イノベーション・ファンド」の存在が挙げられる。同ファンドは2019年3月の設立時に主な投資対象分野として、Eコマースやデジタルファイナンスサービス、ヘルスケア、運輸業などを挙げており、具体的には、家庭向け製品のEコマースで工場と消費者をダイレクトにつなぐマデイラ・マデイラ(Madeira Madeira、9月に投資を発表)、自家用車を抵当に入れることで低金利のローンを可能にしたクレジタス(Creditas、6月)、フィットネスジムを横断的に利用できるサービスを提供するジムパス(Gympass、6月)、チャーターバス配車サービスを提供するブーゼル(Buser、6月)などをはじめとしたブラジルのスタートアップ企業に対し、合計で約10億ドルの投資実績を重ねている(注)。同ファンドは、ブラジル日本商工会議所のイノベーション研究会が主催する「日ブラジル・オープンイノベーション・シンポジウム」(11月18日ジャパン・ハウス サンパウロで開催)や、ブラジルベンチャーキャピタルが主催する「ブラジル・ジャパン・スタートアップ・フォーラム」外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます〔11月22日Inovabra Habitat(サンパウロ)で開催〕に登壇し、ブラジルのイノベーションに注目する背景などを説明する予定だ。

(注)出所は、CNET、ABVCAP、ブラジルベンチャーキャピタル、現地各種報道、各社ウェブ

サイトなど。

(古木勇生、高橋ルシア)

(ブラジル)

ビジネス短信 475fe69642215f06

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp