1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 8月の首都圏の建材卸売価格が3.5%上昇

8月の首都圏の建材卸売価格が3.5%上昇

(フィリピン)

マニラ発

2019年10月08日

フィリピン統計庁(PSA)は9月23日、8月の首都圏における建材卸売価格が前年同月比で3.5%上昇したと発表した。2018年は消費者物価指数(CPI)上昇率(インフレ率)が5.2%と政府目標(2~4%)を上回った影響で、首都圏の建材卸売価格も通年で4.7%の上昇を記録したが、2019年に入り1~8月の平均インフレ率は3.0%と抑えられており(2019年9月11日記事参照)、首都圏の建材卸売価格の上昇も3.5%に抑えられている(表参照)。

表 首都圏における建材卸売価格の前年同月比上昇率

品目別にみると、砂および砂利の上昇率が最も高く、前年同月比10.5%の上昇となった。続いて、コンクリート製品およびセメントが4.8%、配管器具および給水設備が4.6%、木材が4.1%の上昇率となった。一方、塗装工事、燃料および潤滑油、ドア・ドア枠およびスチール両開き窓はそれぞれ0.1%、0.1%、0.2%下落した。ガラスおよび同製品、アスファルト、機械および装置レンタルは変動がなかった。

(坂田和仁)

(フィリピン)

ビジネス短信 33d39ef92ccf8743

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp