1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. ハノイのスマートシティ開発が始動

ハノイのスマートシティ開発が始動

(ベトナム)

ハノイ発

2019年10月16日

住友商事は10月6日、ベトナム地場不動産大手のBRGグループと共同で、スマートシティ開発の起工式典を開催した。ハノイ市内の開発予定地で行われた式典には、企業関係者に加え、日本政府関係者およびグエン・スアン・フック首相、建設省、天然資源環境省、文化・スポーツ・観光省の大臣ら複数のベトナム政府要人が出席した。

住友商事はBRGグループと合弁会社を立ち上げ、ハノイ市ドンアイン区の272ヘクタールの土地をスマートシティとして開発する。同地区は、ノイバイ空港とハノイ市中心部をつなぐニャッタン・ノイバイ幹線道路の沿線に位置し、住友商事が運営するタンロン工業団地からも近い。また、日本が携わるハノイ市都市鉄道2号線の建設も期待されている地区だ。

本開発は2018年6月に投資認可を受け、投資額は約42億ドルを見込む。2028年まで5期に分けて開発され、第1期(73ヘクタール)の住宅開発は2022年から入居開始できるよう進められる計画だ。現在、ハノイ市による土地収用が全て完了しているわけではないが、BRGグループのグエン・ティー・ガー会長は「ハノイ市からの土地引き渡し後、24カ月以内に第1期の開発を完了する」と宣言した。

本開発では、エネルギー、交通、行政、教育、ビジネス、生活の6分野でスマート技術を取り入れていく構想で、第5世代移動通信システム(5G)、顔認証、ブロックチェーン技術などを導入することにより、スマートシティとしてのサービス高度化を図る計画だ。住友商事の兵頭誠之社長は、同社として「今後さらに都市開発、スマートシティプロジェクト、インフラ整備事業に注力していく」とし、「本開発はハノイ市の持続的発展につながるプロジェクトになる」と述べた。

ベトナムでは、政府が2018年8月にスマートシティ開発に向けた指針を公表しており、民間主導で徐々に開発が始まっている状況だ(2019年8月30日付地域・分析レポート参照)。

写真 スマートシティ開発の起工式典の様子(ジェトロ撮影)

スマートシティ開発の起工式典の様子(ジェトロ撮影)

(庄浩充)

(ベトナム)

ビジネス短信 04374c94571e8cdc

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp