1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 下院経済委員会、公共サービス法改正案を承認

下院経済委員会、公共サービス法改正案を承認

(フィリピン)

マニラ発

2019年09月09日

フィリピンの下院経済委員会は8月28日、法律上の定義が曖昧なため、外資の参入が制限されていた公益事業の定義を明らかにし、送電、配電、配水および下水道の3分野に限定する公共サービス法改正案を承認した。

1936年に成立した現行の公共サービス法は、フィリピン人もしくはフィリピン人が60%以上出資する企業だけに公益事業の運営・管理業務への参入を認めていたが、同法は公益事業の定義を定めておらず、通信、運輸、放送、発電といった公共サービスも公益事業と見なされ、実質的に外資の参入の妨げとなっていた。

下院経済委員会が承認した同法改正案では、公共サービスのうち公益事業に当たる分野を送電、配電、配水および下水道の3分野に限定し、これらの運営・管理業務のみ、外国資本出資比率の上限を40%と規定した。

改正法案の共同提案者の1人である下院議員は地元メディアに対して、同法案の改正によって外資系企業の投資、参入を呼び込み、現在、独占または寡占状態にある公共サービス分野が正しい競争にさらされることによって、フィリピン国民が受ける公共サービスの質の向上と、価格の低下が期待されると説明した。

(坂田和仁)

(フィリピン)

ビジネス短信 99223742e53cc6b3

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp