1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. ローソン、遼寧省瀋陽市に3店舗を同時オープン

ローソン、遼寧省瀋陽市に3店舗を同時オープン

(中国)

大連発

2019年09月06日

ローソンは8月29日、遼寧省の省都・瀋陽市の中心部に3店舗を同時にオープンした。日系のコンビニエンスストアとして瀋陽市へ初出店した。同社は2011年に大連市に進出しているが、東北内陸部への進出は初めてとなる(2019年5月20日記事参照)。

開店初日は周辺の会社員らでにぎわい、現地の主要メディアがこぞってその盛況ぶりを報道した。とりわけ人気を博した商品は、おにぎり、デザート、ローソンのプライベートブランド商品の菓子類、福袋〔約120元(約1,800円、1元=約15円)相当の菓子や飲料の詰め合わせを66元で販売〕だった。

瀋陽市への出店経緯や今後の出店計画などについて、羅森(瀋陽)便利の登根篤史副総経理に聞いた(8月29日)。

(問)瀋陽市への出店の経緯は。

(答)瀋陽市は中国東北地方の入り口となる中心都市で、人口が約700万と多い上、20~30代の若者層も多い市場で、弊社のようなコンビニエンスストアの客層に合致している。また、東北経済活性化の各種動きが活発化しており、将来的に発展・変化する可能性を秘めている。さらに、瀋陽市を中心に円を描くように周辺都市が複数点在しており、これを含めることでさらに大きなマーケットとなり、ニーズが拡大する可能性が高いとみている。

(問)瀋陽市におけるパートナー企業は。

(答)物流や食品卸を手掛ける瀋陽副食集団(以下、副食集団)傘下の瀋陽東副超市と合弁会社の羅森(瀋陽)便利を設立した。出資比率は日本側が80%、中国側が20%となる。

パートナー企業である副食集団が、弁当・おにぎり・すしなど米飯商品の製造と店舗への配送業務を担当する。また、ベーカリー・デザート・サンドイッチについては、別の製造企業委託に向けた準備を進めている。

(問)瀋陽市への出店に当たっての新たな取り組みは。

(答)日系のコンビニエンスストアの特徴が伝わる売り場を目指し、「日本食品特設コーナー」を設置した。同コーナーは、日本製品の輸入・卸を行う大連弘安商貿と連携し、日本からの輸入品を専門に扱う売り場として、コンビニの売れ筋商品である菓子・飲料を中心に取りそろえる。この取り組みが好評であれば、導入店舗を増やしていきたい。

写真 日本食品特設コーナー(大連弘安商貿提供)

日本食品特設コーナー(大連弘安商貿提供)

(問)今後の出店計画は。

(答)ローソンの持つ店舗運営、商品開発のノウハウと、副食集団が有する物流および食品卸業のネットワークを生かし、2021年までに瀋陽市で150店舗以上の出店を目指している。

(辛薇)

(中国)

ビジネス短信 355354191f349614

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp