1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 上半期の自動車産業、国内市場は堅調も輸出・生産は落ち込み

上半期の自動車産業、国内市場は堅調も輸出・生産は落ち込み

(ドイツ)

デュッセルドルフ発

2019年07月16日

ドイツ自動車産業連合会(VDA)は7月2日、2019年上半期の国内の乗用車新規登録台数が184万9,000台だったと発表した(表1参照)。前年同期比で1%増加し、2010年代で最大となった。新規登録車におけるディーゼル車が占める割合は32.9%で、シェアは下げ止まった(表2参照)。上半期の輸出台数は186万5,800台で、前年同期比15%減少した。国内で生産される乗用車の4台に3台は輸出されていることから、国外需要の不振は生産にも影響を及ぼし、生産台数も249万1,600台と12%減少した。

表1 2019年上半期のドイツ乗用車市場の動向
表2 燃料別新規登録台数とシェアの推移(上半期)

また、連邦自動車局(KBA)が7月3日に発表した主要ブランド別の新規登録車数をみると、フォルクスワーゲン(VW)が34万3,194台と前年同期比で4.8%減少したものの、シェア首位を維持した(表3参照)。メルセデス・ベンツは16万1,178台で0.9%の微減、アウディは14万8,538台と1.9%減少した。日系ブランドをみると、トヨタは4万4,416台で0.6%の微減となった一方、マツダは3万5,405台と4.2%増加した。三菱自動車は2万8,319台で12.0%増と好調だった。

表3 主要ブランド別の乗用車新規登録台数(2019年上半期)

VDAのベルンハルト・マッテス会長は7月2日の定例記者会見で、今後の将来の重要なテーマとして、(1)電気自動車(EV)をはじめとする、代替駆動への積極的な投資による気候変動対策への貢献、(2)デジタル化やネットワーク化、自動運転などのイノベーションの推進、(3)台頭する保護主義への対抗としての、自由貿易とグローバリゼーションの推進、の3点を指摘した。特に、3点目の自由貿易とグローバリゼーションの推進については、米国と中国の再交渉により、相互の利益のため関税の低減・撤廃を望むとし、両国の今後のさらなる関係改善に期待感を示した。

(ベアナデット・マイヤー、森悠介)

(ドイツ)

ビジネス短信 b5ea81d0e36a8075

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp