1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. ケニアとシンガポール共催のフィンテック・イベントに2,000人が参加、関係強化へ

ケニアとシンガポール共催のフィンテック・イベントに2,000人が参加、関係強化へ

(ケニア、シンガポール)

ナイロビ発

2019年07月22日

ケニア中央銀行(CBK)とシンガポール通貨金融庁(MAS、中央銀行に相当)は7月15、16日、ケニアの首都ナイロビで、「第1回アフロアジア・フィンテック・フェスティバル」を開催し、政府や金融関係者、起業家ら約2,000人が参加した。フィンテックに特化したイベントとしては、ケニアで最大級となった。シンガポールでMASが2016年から毎年1月に開催している世界最大級のフィンテック・イベント「シンガポール・フィンテック・フェスティバル(SFF)」をモデルにしたもので、アフリカとアジア間のフィンテック分野の相互進出と技術ノウハウの共同開発、交流を目的に、初めて開催された。

CBKのパトリック・ンジョロゲ総裁とMASのラビ・メノン長官は15日、フィンテック分野での両国間の相互協力の覚書(MOU)に署名した。署名式には、ケニアのウフル・ケニヤッタ大統領と、シンガポールのターマン・シャンムガラトナム上級相が立ち会った。

写真 MOU署名式で握手を交わすCBK総裁(右)とMAS長官(ジェトロ撮影)

MOU署名式で握手を交わすCBK総裁(右)とMAS長官(ジェトロ撮影)

ケニヤッタ大統領は、モバイルペイメントやブロックチェーン、ビッグデータ、人工知能(AI)といった主要な新興技術を活用した金融アプリケーションの共同プロジェクト開発での協力などがMOUに盛り込まれていることを明らかにした。大統領は式典での演説で、「共同プロジェクトは両国間のデジタルインフラを強化するとともに、アジアとアフリカ間の貿易や投資を促進する」と述べ、この分野におけるアジアとの連携の重要性をアピールした。

写真 式典で演説するケニヤッタ大統領(ジェトロ撮影)

式典で演説するケニヤッタ大統領(ジェトロ撮影)

フェスティバルには、ケニアのサファリコムやケニア商業銀行など大手通信、金融機関のほか、シンガポールからフィンテック分野のスタートアップ18社が出展し、ンジョロゲ総裁やメノン長官をはじめ、シャンムガラトナム上級相、政府やスタートアップの代表が登壇した。会場内では、MASが主導して2018年11月に正式発足した金融機関とフィンテック分野のスタートアップが国境を越えて協業できる「APIエクスチェンジ(APIX)」(2018年11月28日記事参照)のワークショップも開催された。CBKとMASは2020年以降もこのフェスティバルを開催していく予定だ。

(久保唯香、本田智津絵)

(ケニア、シンガポール)

ビジネス短信 1abc1dec7758e156

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp